日本生命、「ユニコーン」に100億円投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は新たな事業を創出するスタートアップ企業に100億円を投資する。

10月から開始し、今後の案件に応じて追加投資も検討する。

長期保有が原則の生保が、IT(情報技術)やヘルスケアといった成長産業に投資をすることでスタートアップの持続的な事業の拡大が見込める。

​日生が企業の研究開発に主眼を置いて出資するのは初めて。スタートアップ企業への投資規模では国内生保で最大規模になる見通しだ。

政府は2023年までに「ユニコーン」と呼ばれる企業価値10億ドル以上の未上場企業などを20社以上創出する目標を掲げる。

米調査会社CBインサイツによると、直近の世界のユニコーンは米国や中国などを中心に272社。

一方、日本ではこれまで6月に上場したフリーマーケットアプリのメルカリなど数社に限られる。

5年や10年といった中長期の投資が中心の生保がリスクマネーを供給し、スタートアップの安定成長が期待できる。

(日本経済新聞 2018/09/20)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-19

    生損保「人材確保は地方で」 相次ぐ機能移転、手厚い誘致策も奏功

    大規模災害に備えたリスク分散を目的に、生損保などが基幹業務の一部を相次いで地方に移転している。 東…
  2. 2017-9-21

    ライフネット生命 グループトークで保険相談、LINE上でのサービスに新機能

    ライフネット生命は9月4日、LINEのグループトーク機能を活用し、LINE上で夫婦やカップルなどのパ…
  3. 2017-8-21

    大手生保「陣取り」加速 代理店出資・買収相次ぐ

    大手生命保険会社が、他社商品も含めて複数の保険を取り扱う「販売代理店」に相次ぎ出資している。 若い…
  4. 2017-2-24

    ①話の聞き方5つのレベル

    2.ファクトファインディングの目的  ①話の聞き方5つのレベル ためしに・・・話し手と聞き手を決め…
  5. 2017-2-27

    収入保障保険もらい方は?―ファイナンシャルプランナー八ツ井慶子さん

    40代の会社員です。 一家の大黒柱である自分が亡くなったとき遺族が一定の金額をもらえるという収入保…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る