大同生命 ユニバーサルマナー検定3級取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大同生命保険は、障害者や高齢者らをはじめ顧客一人一人の視点に立った行動の実践に向け、日本ユニバーサルマナー協会が主催する「ユニバーサルマナー検定3級」を、工藤稔社長を含む全役職員約7,200人が取得する。

同協会によると7,200人の受講は過去最大規模で、来年2月までの7回にわたって開催する。

スポンサーリンク


​第1回の講義冒頭で、工藤社長は「営業第一線だけが障害者らと接するのではない。

全社員が配慮や思いやり対応できるかが問われている。

大同の社員は違うといわれるようになろう」と研修の必要性を話した。大同生命は、高齢や障害をもつ顧客の特性に配慮した利便性の高い商品・サービスを提供する「ベストシニアサービス」を推進。

 

(フジサンケイビジネスアイ 2017/05/19)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-5

    生体情報で顧客認証 日生、スマホアプリ提供

    日本生命保険は3日から、指紋や顔、声といった生体情報で顧客認証が簡単にできるスマートフォン用アプリケ…
  2. 2017-12-14

    平均寿命、男性は滋賀が初の首位 女性は長野

    厚生労働省は13日、2015年の都道府県別の平均寿命を発表した。 男性は前回調査(10年)で2位だ…
  3. 2017-6-7

    第一フロンティア生命保険社長川島貴志さん 男性にない発想

    「経営に若者や女性の感性を取り入れたい」と語るのは、第一フロンティア生命保険社長の川島貴志さん。​ …
  4. 2018-2-8

    突然起こる大雪への心がまえ

    寒気の影響で全国各地で天候が不安定となっています。 1月22日に首都圏でも積雪により交通機関が麻痺…
  5. 2018-11-13

    生保 相次ぎ健康増進型

    ​健康診断や運動を促し顧客に健康になってもらう「健康増進型」の分野に大手生命保険会社が出そろう。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る