大同生命 ユニバーサルマナー検定3級取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大同生命保険は、障害者や高齢者らをはじめ顧客一人一人の視点に立った行動の実践に向け、日本ユニバーサルマナー協会が主催する「ユニバーサルマナー検定3級」を、工藤稔社長を含む全役職員約7,200人が取得する。

同協会によると7,200人の受講は過去最大規模で、来年2月までの7回にわたって開催する。

スポンサーリンク


​第1回の講義冒頭で、工藤社長は「営業第一線だけが障害者らと接するのではない。

全社員が配慮や思いやり対応できるかが問われている。

大同の社員は違うといわれるようになろう」と研修の必要性を話した。大同生命は、高齢や障害をもつ顧客の特性に配慮した利便性の高い商品・サービスを提供する「ベストシニアサービス」を推進。

 

(フジサンケイビジネスアイ 2017/05/19)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-1

    かんぽ生命、値上げを好機に

    ​かんぽ生命が4月に保険料を値上げしたものの、新規客の獲得で予想外に健闘している。 ​関係者は、4…
  2. 2017-2-21

    空中給油

    はじめに・・・「空中給油」の話 沖縄のオスプレイの話ではありません。 私は、生命保険業に携わ…
  3. 2018-8-27

    新たな付加価値の提供「健康促進型保険」とは?

    インシュアテックの発展と増加するニーズへの対応として、健康促進型の保険が増えてきています。 定期的…
  4. 2018-5-31

    外貨建て競争加熱

    米国の長期金利上昇を受けて、外貨建て金融商品の発売が相次いでいる。 日銀の金融緩和で国内は超低金利…
  5. 2018-4-20

    第一生命HD・稲垣社長「健診割引に期待」

    ​第一生命ホールディングス(HD)の稲垣精二社長フジサンケイビジネスアイのインタビュー 2027年…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る