大同生命 ユニバーサルマナー検定3級取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大同生命保険は、障害者や高齢者らをはじめ顧客一人一人の視点に立った行動の実践に向け、日本ユニバーサルマナー協会が主催する「ユニバーサルマナー検定3級」を、工藤稔社長を含む全役職員約7,200人が取得する。

同協会によると7,200人の受講は過去最大規模で、来年2月までの7回にわたって開催する。

スポンサーリンク


​第1回の講義冒頭で、工藤社長は「営業第一線だけが障害者らと接するのではない。

全社員が配慮や思いやり対応できるかが問われている。

大同の社員は違うといわれるようになろう」と研修の必要性を話した。大同生命は、高齢や障害をもつ顧客の特性に配慮した利便性の高い商品・サービスを提供する「ベストシニアサービス」を推進。

 

(フジサンケイビジネスアイ 2017/05/19)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-21

    3.生命保険販売で社会的証明の原理を利用してみる

    社会的証明のもっとも使いやすい例が、「お客さまの声」です。 人は商品を販売している会社側の人間の言…
  2. 2018-11-21

    三井生命、「大樹生命」に社名変更へ 90年の伝統と別れ

    三井生命保険は2019年度にも、社名を「大樹生命保険」に変更する方針を固めた。 15年度に日本生命…
  3. 2017-6-7

    日生、営業ノウハウ移植

    日本生命保険は2017年度中に、出資先であるインドネシアのセクイスライフの全拠点約200カ所に両社で…
  4. 2017-2-28

    2.購買心理

    自分のことを考えてみても、人が消費者になる、つまり何かを買うという行為をすることは、日常的に行ってい…
  5. 2017-2-28

    3.営業セオリー

    生命保険営業では、上手にお客さまの問題点を指摘する方法として、営業セオリーが存在します。 生命保険…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る