明治安田生命 外部連携で専門人材育成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投融資の高度化・多様化を円滑に進めるため、今後は有価証券取引処理の電子化・自動化も進める方針。

ーーー4月にクレジット投資部を設立

「良い案件をどれだけ確保できるかが重要となる。
スポンサーリンク



専門部門を設けたことで証券会社や銀行から案件が持ち込まれやすくなったと思う。

ーーー運用人材の確保・育成の取り組みは

「運用内容に合わせ専門人材を特定する作業を進めている。今は営業部門にいるが、かつて運用部門にいた人らをリストアップし人材を集めている。育成については、運用部門専門のカリキュラムを用意した。ほかの金融機関に協力してもらい数週間など短期から1年間の長期まで外部研修も実施している」

ーーーESG投資について

「成長分野への投資の幅を広げようと、ESG的な基準を持つ投融資を強化している」

「海外プロジェクトの内容を精査するため『海外運用審査グループ』も設置した。現在6人体制で取り組んでいる。組織として”目利き力”を付けていきたい」

(日刊工業新聞 2017/10/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-29

    「節税保険」実態解明へ 

    ​生命保険各社が「節税」をアピールして中小企業経営者に売り込む保険について、金融庁が商品の設計などを…
  2. 2018-4-11

    日生、農地に「ESG投資」

    日本生命保険は10日、農地投資に参入すると発表した。 国内生保大手では初めての取り組みとみられる。…
  3. 2017-3-10

    会った人すべてを自分のファンにする 

    豊臣秀吉は「人たらし」で、会った人すべてを自分のファンにしてしまう術に長けていたと言われています。 …
  4. 2017-3-3

    ②公的医療保険制度の全体像

    まず大切なことをお伝えします。国民年金って原則何歳から何歳まで加入でしたっけ? 原則20歳から60…
  5. 2017-4-20

    生損保大手 中小向け保険で攻勢

    大手生損保会社が中小企業向け保険市場の開拓に動いている。 中小企業の保険市場は大手保険会社による開…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る