明治安田生命 外部連携で専門人材育成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投融資の高度化・多様化を円滑に進めるため、今後は有価証券取引処理の電子化・自動化も進める方針。

ーーー4月にクレジット投資部を設立

「良い案件をどれだけ確保できるかが重要となる。
スポンサーリンク



専門部門を設けたことで証券会社や銀行から案件が持ち込まれやすくなったと思う。

ーーー運用人材の確保・育成の取り組みは

「運用内容に合わせ専門人材を特定する作業を進めている。今は営業部門にいるが、かつて運用部門にいた人らをリストアップし人材を集めている。育成については、運用部門専門のカリキュラムを用意した。ほかの金融機関に協力してもらい数週間など短期から1年間の長期まで外部研修も実施している」

ーーーESG投資について

「成長分野への投資の幅を広げようと、ESG的な基準を持つ投融資を強化している」

「海外プロジェクトの内容を精査するため『海外運用審査グループ』も設置した。現在6人体制で取り組んでいる。組織として”目利き力”を付けていきたい」

(日刊工業新聞 2017/10/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-23

    悲哀と自虐 句に重ね30年

    ​「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」 第一生命保険は22日、「第30回サラリーマ…
  2. 2018-4-11

    社員に健康意識醸成 端末提供やポイント制導入

    生命保険各社が、社員の健康意識醸成に取り組んでいる。 健康経営を中期経営計画に盛り込む生保も増加。…
  3. 2017-6-20

    生損保、社外連携活発に

    保険会社が社外と連携して革新的なビジネス創出を目指す「オープンイノベーション」の取り組みを活発化させ…
  4. 2017-4-21

    「生命保険販売の心理学」~心が動けば欲しくなる

    生命保険販売の心理学 人の心を動かし購買行動を喚起する はじめ…
  5. 2017-3-27

    金融サービス指標 金融庁方針 顧客本意の業務点検

    金融機関に導入を求めるのは、組織や業務の目標の達成度合いを測る「重要業績指標」 金融庁は24日、投…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る