生保、海外人材育成を加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手生命保険各社は海外で活躍できる国内人材の育成を加速している。

​運用や商品供給などで海外との連携が増えるなか、他国勤務や外国人と商談ができる人材の確保が急務となっており、各社は語学教育や海外派遣の機会を増やしている。

日本生命保険は、国内外で活躍できる経営人材の育成を目的とした教育プログラムを2017年度から開始。

約10人を選抜し、語学研修などを経たうえで海外現地法人に2年間派遣する。

第一生命ホールディングスは管理職や若年層など階層別の海外派遣制度を用意。

若年層向けでは17年度中に50人の海外派遣を計画する。

明治安田生命保険は海外で経営管理を担う人材の育成を強化。​

(日刊工業新聞  2017/12/21)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-31

    認知症保険に大手損保参入 高齢化で市場拡大見込む

    東京海上日動火災保険は、シニア層に人気のある「認知症保険」に新たに参入する。 損保ジャパン日本興亜…
  2. 2017-6-7

    第一フロンティア生命保険社長川島貴志さん 男性にない発想

    「経営に若者や女性の感性を取り入れたい」と語るのは、第一フロンティア生命保険社長の川島貴志さん。​ …
  3. 2018-10-2

    円建て貯蓄保険 地銀で販売再開 日本生命

    日本生命保険は10月から円建ての貯蓄性保険の取り扱いを地方銀行など24行で再開する。 低金利による…
  4. 2017-2-24

    ③プレゼンテーション・クロージングのポイントまとめ

    1、必要保障額や見込み客の意向に基づいて設計したプランであることをわかりやすく示し、必要な準備として…
  5. 2017-3-13

    ​サービス産業型のマネジメント:とがった個性を生かして(ライフネット生命 出口社長)

    マネジメントに求められるのは、部下の適性と能力を見極め、得意とする仕事をやらせることだ。 適性を欠…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る