生保、海外人材育成を加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手生命保険各社は海外で活躍できる国内人材の育成を加速している。

​運用や商品供給などで海外との連携が増えるなか、他国勤務や外国人と商談ができる人材の確保が急務となっており、各社は語学教育や海外派遣の機会を増やしている。

日本生命保険は、国内外で活躍できる経営人材の育成を目的とした教育プログラムを2017年度から開始。

約10人を選抜し、語学研修などを経たうえで海外現地法人に2年間派遣する。

第一生命ホールディングスは管理職や若年層など階層別の海外派遣制度を用意。

若年層向けでは17年度中に50人の海外派遣を計画する。

明治安田生命保険は海外で経営管理を担う人材の育成を強化。​

(日刊工業新聞  2017/12/21)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-3

    認知症予防アプリ刷新 太陽生命

    ​T&Dホールディングスの太陽生命保険は、認知症予防に使える契約者向けスマートフォンアプリを刷新した…
  2. 2017-2-22

    法人向け生命保険営業 目次

    法人向け生命保険営業 目次 Ⅰ.法人保険へのチャレンジ   1.法人保険とは   2.法人…
  3. 2017-4-20

    生保協、仕事と育児両立支援で助成金

    ​生命保険協会は19日、仕事と育児の両立を支援するため、保育所や放課後児童クラブ(学童保育)を運営す…
  4. 2017-3-5

    お客さまが喜ぶことこそ、自分にメリットがある

    人間は変化を嫌います。 あらゆる仕事のプロセスは、始めたときには、必要性があって始められています。…
  5. 2017-8-4

    病気とお金を考える

    身近な病気と言われている「がん」についてのお話。 現代では、おおよそ2人に1人が、がんと診断され、…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る