大同生命が米ベンチャーファンドに11億円投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

T&Dホールディングス傘下の大同生命保険が米国のベンチャー企業ファンドへの約11億円の投資を決めたことが21日、分かった。

大同生命が強みを持つ法人や個人事業主を対象にした「経営者向け保険」は競争が激化しており、米企業と連携して中小企業支援の新サービスを創出し、他社との差別化や顧客の囲い込みを狙う。

ファンドを運営するのは先端IT企業が集積する米シリコンバレーのベンチャー企業に投資する「ソーゾー・ベンチャーズ」。同社は投資家とベンチャー企業との仲介も行っており、大同生命は運用益より先進技術を持つ米企業と接点を持つことに主眼を置く。

大同生命は顧客囲い込みに向け、M&A(企業の合併・買収)支援などのサポートを充実させてきた。

今後は事業承継や販路拡大などの中小企業の課題について、最新技術を活用して解決策を提示したい考えだ。

経営者向け保険は払い込んだ保険料の一部または全てを損金扱いにできる節税効果があり、保険解約時の返戻金を引退時の退職金に充てたり、事業で損失が出た際に補填できたりする。

好不況に左右されやすいが、最近の好景気はこの分野の追い風となっている。​

ただ、経営者の高齢化で中小企業は今後減少する見込み。人口減少で国内市場が縮小する中、将来的には中小企業の経営支援を保険と切り離した単独のビジネスとして成立させたいという思惑も透けてみえる。

今回の投資は単なる顧客の囲い込みにとどまらず、経営多角化に向けた布石ともなりそうだ。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/06/22)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-8-7

    地方創生支援 静岡県と連携 日生

    ​日本生命保険は10日に静岡県と包括連携協定を締結する。 静岡県の地方創生活動を支援するのが目的で…
  2. 2017-2-24

    富国生命が無許可保育所手当増額

    富国生命保険が、認可外保育所に子供を通わせる女性の新人営業職員を対象に支給している月額5,000円の…
  3. 2017-7-11

    日本郵政社長長門正貢さん 良いM&A

    「M&A」は目的にはしていない。 大事なことは日本郵政という企業のパフォーマンスを上げるこ…
  4. 2018-11-8

    三井生命 「三井」やめます

    ​三井生命が来年に社名を変更することがわかった。 ​新社名は月内に決まる見通しで「三井」の文字が消…
  5. 2018-8-21

    東京海上、中小企業社員向け保険

    ​東京海上日動火災保険と人材サービスのネオキャリア(東京・新宿)は、中小企業の従業員向けの保険商品や…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る