大同生命が米ベンチャーファンドに11億円投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

T&Dホールディングス傘下の大同生命保険が米国のベンチャー企業ファンドへの約11億円の投資を決めたことが21日、分かった。

大同生命が強みを持つ法人や個人事業主を対象にした「経営者向け保険」は競争が激化しており、米企業と連携して中小企業支援の新サービスを創出し、他社との差別化や顧客の囲い込みを狙う。

ファンドを運営するのは先端IT企業が集積する米シリコンバレーのベンチャー企業に投資する「ソーゾー・ベンチャーズ」。同社は投資家とベンチャー企業との仲介も行っており、大同生命は運用益より先進技術を持つ米企業と接点を持つことに主眼を置く。

大同生命は顧客囲い込みに向け、M&A(企業の合併・買収)支援などのサポートを充実させてきた。

今後は事業承継や販路拡大などの中小企業の課題について、最新技術を活用して解決策を提示したい考えだ。

経営者向け保険は払い込んだ保険料の一部または全てを損金扱いにできる節税効果があり、保険解約時の返戻金を引退時の退職金に充てたり、事業で損失が出た際に補填できたりする。

好不況に左右されやすいが、最近の好景気はこの分野の追い風となっている。​

ただ、経営者の高齢化で中小企業は今後減少する見込み。人口減少で国内市場が縮小する中、将来的には中小企業の経営支援を保険と切り離した単独のビジネスとして成立させたいという思惑も透けてみえる。

今回の投資は単なる顧客の囲い込みにとどまらず、経営多角化に向けた布石ともなりそうだ。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/06/22)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-21

    三井住友VISAカード 1枚は持っておくべきVISAといったら安心・信頼の三井住友VISAカード

    三井住友VISAカード 入会のきっかけ クレジットカードの選択基準 利用シ…
  2. 2018-2-27

    健診提出で保険料割引 第一生命 4月から最大20%

    ​第一生命は4月から、死亡と3大疾病保険の加入時に健康診断の結果を提出すれば、保険料を最大20%割り…
  3. 2017-12-6

    早帰り 半数近くが「困る」 朝日生命調査 「満足な仕事できない」「残業代減」

    ​働き方改革で早く帰宅する傾向が強まる中、「仕事が満足にできない」「収入が減る」などで半数近くの人が…
  4. 2017-3-9

    キャノンMJ、診断書の情報、自動読み込み

    ​​キャノンマーケティングジャパン キャノンマーケティングジャパンは8日、朝日生命に様々な病院が作…
  5. 2017-5-2

    東京海上日動 欧州アワード金賞

    東京海上日動火災保険は欧州金融マーケティング機構が開催した「保険イノベーションアワード」の「保険ネッ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る