2018成長への展望 機動的な新商品の供給体制を整える 日本生命保険社長 筒井義信さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​三井生命との商品の相互供給は軌道に乗りつつある。

成果を見極めつつ、第2弾、第3弾へとつなげたい。

スポンサーリンク


資産運用に関しては、時間をかけて三井生命の逆ざや解消を目指したい。

運用部門の人材交流を進め、海外社債投資のノウハウを共有するなど、三井生命が得意とする外貨建て保険商品を運用面で支えたい。

コスト削減効果を目指し、18年中にも、投資している証券の管理業務の共有化に取り組みたい。

--2018年の経営のテーマにしたいことは

「超低金利環境の構図はしばらく変わらない。

スポンサーリンク


18年度は4カ年の中期経営計画の2年目に入る。

中だるみしないように、むしろ4カ年計画の達成にめどをつける1年にしたい。

超低金利下でいかに収益を確保するかが、経営のメインテーマだ」

--営業職員以外の販路拡大に努めてきた

「市場拡大が続く乗り合い代理店、銀行窓口販売の両チャネルに対し、それぞれ商品供給専門の子会社を作り、機動的に新商品を出していく体制を整えたい。

M&A(企業の合併・買収)で実現するか、自前で子会社を作るかは時間をかけて検討したい。

日本生命保険だけで包括的な商品供給をしていくのは難しくなってきている」

--海外M&Aの方針は

「保険か資産運用の分野で、地域分散を図りながら、新しい事業機会の模索をしたい。

国内外ですでに実行した案件については、相乗効果を最大化できるように経営資源を使って育てていきたい。

出資を終えた米資産運用会社TCWには、当社から人材を派遣し、運用力のバージョンアップを図る。

TCWにはグループ収益力向上の一翼を担ってほしいと期待している」

(フジサンケイビジネスアイ 2018/01/11)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-4

    エヌエヌ生命 保険金額最大7億円

    エヌエヌ生命保険は、9月2日に中小企業経営者向けの「重大疾病保障保険」を刷新、これまで最大2億円だっ…
  2. 2017-4-11

    介護休業中の給与補償 三井住友海上 下旬に新型保険

    三井住友海上火災保険は介護に伴って給与が減ったり、無給になったりした際に所得を補償する保険を4月下旬…
  3. 2017-3-13

    聞くちから

    今、あなたが置かれている環境は、「話しやすい」空間でしょうか。 とても話しやすい環境だとしたら、周…
  4. 2017-2-28

    3.知識とスキル (1)商品知識 (2)周辺知識

    3.知識とスキル (1)商品知識 ここで言う「商品知識」とは、パンフレットに書いてある商品のスペ…
  5. 2017-5-30

    家計の知恵 長生きで多く トンチン年金

    「トンチン年金」と呼ばれる新しい個人年金保険が注目されている。 あまり長生きできなかった場合は損を…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る