仮想ロボ導入 生損保で続々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険会社で、定型的な事務作業を自動化するコンピュータプログラム「RPA」の導入が活発だ。

日本生命は銀行窓販事業部門にRPAを導入した。

請求書データのシステム入力作業などで活用。

女性が多い職場のため、親しみやすいよう「日生ロボ美」と名前を付けている。

第一生命は16年10月からデロイトトーマツコンサルティング、アクセンチュアと共同で​RPAの実証試験、システムへの適用、導入可能業務の分析を実施し、個人保険事務の約20業務で試験導入した。

今後は保険関係事務に加え、マーケティングや資産運用など、さまざまな事務業務に活用していく計画だ。

今後もさらなる普及が見込まれるとともに、各社は余力で顧客へのサービス向上に努める方針であり、差別化に向けた競争が激しくなりそうだ。

(日刊工業新聞  2017/09/22)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    4.真似をすることで好感を得る

    優秀な営業マンは、商談時には、相手の話し方や話すスピードにあわせて説明するようにしています。 人は…
  2. 2018-12-13

    生保各社、外貨建て保険の利回り見える化 ガイドライン改定へ

    利回り見える化 日本生命保険や第一生命ホールディングスなど生保各社は、運用商品に近い性質を持つ外貨建…
  3. 2017-11-8

    健康増進保険 開発相次ぐ

    運動や健康的な食事でメリットが得られる「健康増進保険」の開発・販売が活発だ。 東京海上日動あんしん…
  4. 2017-3-15

    知恵を吸収

    お茶の水女子大学と産学連携を結んだSOMPOホールディングス。​ 社長の櫻田謙悟さんは「ブランド、…
  5. 2017-3-10

    会った人すべてを自分のファンにする 

    豊臣秀吉は「人たらし」で、会った人すべてを自分のファンにしてしまう術に長けていたと言われています。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る