総合職の賃金制度統一 ひまわり生命、エリア職の待遇上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は7月から、総合職約2100人の賃金制度を統一する。

転勤のないエリア職約800人の賃金を、転勤があるグローバル職約1300人と同等の水準に引き上げる。

現在、エリア職に就いている人の大半が女性だという。

同社はグローバル職とエリア職を「基幹職」として統一し、給与テーブルや退職金制度などを一本化する。

エリア職として働いていた社員は7月以降も転勤はない。

人事評価などに応じて異なるが、エリア職から基幹職になった社員は最大で3割ほど賃金が増えるという。

同時に、基幹職を対象に転勤を柔軟に選べる制度を導入する。

出産や育児、家族の病気といった事情があって転勤が難しい場合は、申請から最低2年間は転勤を免除する。

また、遠方に住む親などの介護をするために介護しやすい地域に転勤できるようにもする。

(日本経済新聞 2018/05/21)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-7

    日生、SDGsファンドに50億円投資

    ​日本生命保険は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に関連した企業の株式で運用するファンドに50億…
  2. 2018-5-31

    生保、外債運用に活路、前期、第一生命など13グループ増益

    国内の主な生命保険会社16グループの2018年3月期決算が25日、出そろった。 マイナス金利政策に…
  3. 2017-3-14

    日本生命保険 沖縄県と連携

    沖縄県と健康増進やがん対策、高齢者支援などを含む包括的な連携協定を17日に締結すると13日、発表した…
  4. 2017-11-20

    KDDIが株買い増し ライフネット生命

    「au」ブランドで携帯電話事業を展開するKDDIは17日、資本・業務提携するライフネット生命の株式を…
  5. 2018-2-26

    明治安田 中高年の研修に注力

    2019年度から定年を65歳に延長する明治安田生命保険。 働き手の減少と業務量の増加が進む中で活躍…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る