総合職の賃金制度統一 ひまわり生命、エリア職の待遇上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は7月から、総合職約2100人の賃金制度を統一する。

転勤のないエリア職約800人の賃金を、転勤があるグローバル職約1300人と同等の水準に引き上げる。

現在、エリア職に就いている人の大半が女性だという。

同社はグローバル職とエリア職を「基幹職」として統一し、給与テーブルや退職金制度などを一本化する。

エリア職として働いていた社員は7月以降も転勤はない。

人事評価などに応じて異なるが、エリア職から基幹職になった社員は最大で3割ほど賃金が増えるという。

同時に、基幹職を対象に転勤を柔軟に選べる制度を導入する。

出産や育児、家族の病気といった事情があって転勤が難しい場合は、申請から最低2年間は転勤を免除する。

また、遠方に住む親などの介護をするために介護しやすい地域に転勤できるようにもする。

(日本経済新聞 2018/05/21)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-25

    生保の経営者保険、危ういヒット

    支払った保険料を全額会社の経費として計上できる「全損型」の経営者向け生命保険が拡大している。 足元…
  2. 2018-11-28

    生保シニア現役長く 定年、60歳から65歳に/「役職定年」を廃止

    生命保険各社で、定年を見直す動きが加速している。 日本生命保険や明治安田生命保険が現在の60歳から…
  3. 2018-10-4

    外資生保、日本に熱い視線 2社に聞く

    日本の生命保険市場は、米国に次ぐ世界第2位の規模を持つ。少子高齢化が進む成熟市場だが、実績のある外資…
  4. 2017-6-30

    太陽光ファンドに出資 日生100億円大同生命20億円

    日本生命保険と大同生命保険は29日、GEEFSエナジー・ジャパン合同会社が設立した太陽光発電事業向け…
  5. 2018-5-18

    保障性商品の充実急ぐ 明治安田生命社長 根岸秋男氏

    明治安田生命保険は、2017年に始めた中期経営計画が2年目に入った。 18年3月期連結決算は米国子…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る