都・民間、分野またぎ協定、健康増進や働き方、まず第一生命と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都は民間企業・団体と複数の政策分野にまたがって連携を進める「ワイドコラボ協定」と呼ぶ取り組みを始めた。

地域の防犯や見守り、働き方改革、文化・スポーツ振興など様々な分野で包括的に協力する形を想定し、官民一体となって地域貢献や住民サービスを充実させる。

スポンサーリンク


​第1弾として6日に第一生命保険と協定を結んだ。健康増進や生活と仕事の両立(ライフ・ワーク・バランス)と女性の活躍推進など7項目で協力を進める。

締結式で小池百合子都知事は「豊富な経営資源を活用していただきたい」と強調。

第一生命の渡辺光一郎社長は「この取り組みがモデルになるようにしたい」と応じた。

今後は都政策企画局が窓口となり、他の企業などからも協定に向けた新たな提案を募る。

それぞれ協議を進め、締結先を増やしていきたい考えだ。都ではこれまでも災害時の物資提供など、分野ごとに民間企業と協定を結ぶなどしてきた。

他の自治体でも広がっている分野横断の包括連携協定も始めるのを機に、より幅広い分野での民間ノウハウ導入を加速する。

(日本経済新聞東京版 2017/03/07)

◇東京都「ワイドコラボ協定」を初締結(プレスリリース)
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/02/24/13.html

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-3

    備える相続税⑥生命保険、一定枠まで非課税

    定期保険が満期を迎えた高齢者らが、銀行の窓口で終身保険(死亡保障が一生涯続く生命保険)の契約を勧めら…
  2. 2017-5-30

    家計の知恵 長生きで多く トンチン年金

    「トンチン年金」と呼ばれる新しい個人年金保険が注目されている。 あまり長生きできなかった場合は損を…
  3. 2017-10-6

    明治安田生命 外部連携で専門人材育成

    ​投融資の高度化・多様化を円滑に進めるため、今後は有価証券取引処理の電子化・自動化も進める方針。 …
  4. 2017-5-17

    健康データで保険商品

    経済産業省は、健康データを活用する保険商品の開発支援を始める。​ 生活習慣病の予防法確立などを目的…
  5. 2018-1-24

    公的保険徹底マスターの重要性

    年金の受給開始年齢が70歳以上となる可能性が現実的になってきました。 政府は原則65歳としている(…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る