都・民間、分野またぎ協定、健康増進や働き方、まず第一生命と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都は民間企業・団体と複数の政策分野にまたがって連携を進める「ワイドコラボ協定」と呼ぶ取り組みを始めた。

地域の防犯や見守り、働き方改革、文化・スポーツ振興など様々な分野で包括的に協力する形を想定し、官民一体となって地域貢献や住民サービスを充実させる。

スポンサーリンク


​第1弾として6日に第一生命保険と協定を結んだ。健康増進や生活と仕事の両立(ライフ・ワーク・バランス)と女性の活躍推進など7項目で協力を進める。

締結式で小池百合子都知事は「豊富な経営資源を活用していただきたい」と強調。

第一生命の渡辺光一郎社長は「この取り組みがモデルになるようにしたい」と応じた。

今後は都政策企画局が窓口となり、他の企業などからも協定に向けた新たな提案を募る。

それぞれ協議を進め、締結先を増やしていきたい考えだ。都ではこれまでも災害時の物資提供など、分野ごとに民間企業と協定を結ぶなどしてきた。

他の自治体でも広がっている分野横断の包括連携協定も始めるのを機に、より幅広い分野での民間ノウハウ導入を加速する。

(日本経済新聞東京版 2017/03/07)

◇東京都「ワイドコラボ協定」を初締結(プレスリリース)
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/02/24/13.html

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-3

    日本生命 投融資の高度化加速

    日銀の金融政策により低金利が常態化するなか、機関投資家である生命保険の運用が変化を余儀なくされている…
  2. 2017-3-3

    ⑤入院時のその他の費用

    入院時食事療養費 入院時の食事は現物給付されますが、一部分の金額は自己負担となります。1食360円…
  3. 2017-5-23

    悲哀と自虐 句に重ね30年

    ​「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」 第一生命保険は22日、「第30回サラリーマ…
  4. 2017-9-19

    ソニー生命 「生前給付逓減定期保険(生活保障型/無配当)」に反響、「生前給付」品ぞろえ拡充

    ​ソニー生命が4月に発売した「生前給付逓減定期保険(生活保障型/無配当)」の契約がすでに7000件超…
  5. 2018-11-28

    生保シニア現役長く 定年、60歳から65歳に/「役職定年」を廃止

    生命保険各社で、定年を見直す動きが加速している。 日本生命保険や明治安田生命保険が現在の60歳から…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る