日本生命、円建て貯蓄性保険を再開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は1日、円建ての貯蓄性商品の取り扱いを再開した。

日銀がマイナス金利政策を導入したのを受けて販売をやめていた。

運用技術の向上と、長期金利の上昇による運用環境の改善を背景に改めて販売する。

日銀は7月31日、ゼロ%程度に誘導していた長期金利に一定の変動を認めており、金融機関にも商品展開を見直す動きが出そうだ。

日生が扱うのは契約時に保険金をまとめて払う「一時払い」型の終身保険。

三菱UFJ銀行の店頭で1日から取り扱いを始めた。

契約者に保証する予定利率は、契約後15年間は0.25%。15年たった後に国債の利回りが上昇していた場合には、予定利率を見直す。

今後は金利の状況を見極めつつ、地方銀行などとも販売再開への協議を進める。

日生は2016年4月、運用難を背景にそれまで銀行窓口で主力だった円建ての貯蓄性商品の取り扱いをやめた。窓販では外貨建ての貯蓄性商品のみを取り扱っていた。

だが資産運用を希望する個人による為替リスクのない円建て商品の需要は根強く、まず部分的に販売再開に踏み切った。

(日本経済新聞 2018/08/02)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-31

    第55回中学生作文コンクール入賞者決定

    文部科学大臣賞、全日本中学校長会賞等の受賞者を招き、表彰式を開催 このコンクールは文部科学省、金融…
  2. 2017-9-4

    “長生きで得する”保険10月投入 太陽生命、老後に手厚く

    ​太陽生命保険は、10月に同社初となるトンチン型の年金保険を発売する。 トンチン保険は、死亡時の返…
  3. 2018-7-25

    外貨建て保険元本割れ対応 生保協、銀行と連携 リスクの説明徹底へ

    外貨建て保険元本割れ対応について 生命保険協会の稲垣精二会長(第一生命保険社長)は20日、就任後初…
  4. 2017-10-3

    日本生命 投融資の高度化加速

    日銀の金融政策により低金利が常態化するなか、機関投資家である生命保険の運用が変化を余儀なくされている…
  5. 2017-3-6

    1.生命保険活用のメリット

    なぜ生命保険で相続(税)対策を活用するのか考えて見ましょう。 ■ 相続を抱える人の3つの悩み …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る