若者の保険離れに危機感 SNS活用した情報発信を検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若者の保険離れへの対応策について、生命保険協会の稲垣精二会長との主なやり取りは次の通り。

若者の保険離れが進んでいる

「業界でも危機感を持っている。昔は営業員が企業に出向き新入社員に保険を説明するのが当たり前だったが、今は(セキュリティー強化で)難しい。大きな補償はいらないと思う若者も増えている。彼らの価値観に沿った商品やサービスを提供することが大事だ」

どうアピールしていくのか

「若者が情報を得るユーチューブや会員制交流サイト(SNS)を活用し、資産形成や保険の重要性を学べる動画制作を検討している。気軽に見られて笑いが取れるような内容なら、なお良い。金融教育が学習指導要領に盛り込まれ教科書に載るよう働きかける“正攻法”も同時に進めたい」

将来の生保業界はどうなる

「人工知能(AI)やロボットの活用は既に進んでいる。個人情報保護のハードルは高いが、行政や医療機関のデータを使えれば、まだ残る書類のやり取りがデジタル化し、業務効率が高まる。保険金の支払い漏れがなくなり、手続きも簡略化・低コスト化して保険料が下がる。業界を挙げてデータ利活用の有用性を訴えていきたい」

(フジサンケイビジネスアイ 2018/07/21)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-12

    国立がん研 3年後がん生存率を初公表 全体で71%

    国立がん研究センターは11日、2011年にがんと診断された人の3年後の生存率を初めて公表した。 こ…
  2. 2017-6-6

    ひまわり生命と提携(マネーフォワード 将来資産を予測)

    家計簿アプリなどを手掛けるマネーフォワードは、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命と提携する。 ​マネ…
  3. 2018-5-23

    iPS心臓治療 臨床承認 世界初筋肉細胞移植

    厚生労働省の再生医療等評価部会は16日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心臓の筋肉細胞をシー…
  4. 2018-8-3

    日本生命、円建て貯蓄性保険を再開

    日本生命保険は1日、円建ての貯蓄性商品の取り扱いを再開した。 日銀がマイナス金利政策を導入したのを…
  5. 2017-2-27

    2.クロスセルを考えて行動する

    生命保険の販売では、商品を売るというよりもお客さまの人生をサポートするといった大きな使命感が必要です…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る