オールド・ファッションド・ラブソング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オールド・ファッションド・ラブソング

アマゾン 新刊本

オールド・ファッションド・ラブソング

内容紹介

旧い時代のラブソングがラジオから流れてる

別れるはずのない恋人たちの曲がたくさんあるんだ

ゆっくり流れる曲を聴いて二人で聴いたなって思いだす

ぼくらを呼び止めなくてもいいよ

だって別れたりしないんだから

この小説の全編に流れるバックグラウンドミュージックは、An Old Fashioned Love Song by Three Dog Night。
ポール・ウィリアムズ(Paul Williams)の作詞作曲だ。

オールド・ファッションド・ラブソング

その時は”1970年の梅雨明け”に始まった。

ヨットの搬送日は、土日を避けて翌週の7月27日と決めた。栗原雅夫と志村隆は、長雨でできなかった最後の仕上げ、船底の水漏れ防止剤と、船体に白いペンキを塗る作業に没頭していた。

ヨットの名前は「SeagullⅡ」。Ⅱとしたのは、佐島で訓練走行用に借りた小型のディンギーに、Seagullという名が書かれていたので、その名前を引き継いで、SeagullⅡとした。

海が荒れていたのは、台風6号のせいだった。7月28日に、熱帯低気圧が発生していた。九州近辺まで接近し台風に発達した。小さな台風だったが、遠く離れた場所でも、なかなか荒れが収まらない海に閉口した。すぐにでも出航したいのをがまんして、海を眺めて続けていた。

ようやく白波が消え始めたのを見て、栗原雅夫は、志村隆にいよいよだぞといった。明日準備をして、31日に出航しようということになった。

7月30日は1日かけて、船体に、アウトリガーから伸びたアームを取り付ける作業に没頭した。ビリヤード店の金山社長に、三種類のロープの結び方を習っていたが、結ぶ方を忘れていて、結局自己流で何度もやり直して、船体に結びつけた。マストを受けるために、センター板と船底の間にはめた筒状の取り付け具は、丈夫で頼りがいがあった。

白帆がまぶしい。曲面を軽く膨らませ、光り輝く海を、自在に駆けるように思えた。爽快な風を受け、心地よい波切り音をたて、広大な海原を走った。栗原雅夫と志村隆は、ヨット雑誌の表紙を飾るヒーローになっていた。

それからしばらくは、光と風と波を体全体で感じながら、ゆっくりと海を進んだ。陸地との距離がわずかずつ変化し、時間が緩やかに流れていった。

顔に感じる風が邪魔になった。白波が目立ってきた。

風が急に強くなり、船体は海の表面を、沖に向かって横滑りした。帆があおられた。力づくでブームを引っ張ったが、横滑りは止まらず、左舷で小さな波が重なって、船体にぶつかってきた。

浜から出たときは、南風だったが、西風に変わっていた。地図を頭に浮かべて、艇は沖に向かって流されていることを理解した。・・・・・そして、

オールド・ファッションド・ラブソング

旧い時代のラブソングがラジオから流れてる

別れるはずのない恋人たちの曲がたくさんあるんだ

ゆっくり流れる曲を聴いて二人で聴いたなって思いだす

ぼくらを呼び止めなくてもいいよ

だって別れたりしないんだから

灯りを暗くしてぼくらの夢を毎晩語るんだ

二人の永遠の時をやさしく包むBGMにして流そう

ただの旧い時代のラブソング

きっとこれは君とぼくのための歌なんだ

二人の夢をつなぎとめながら

旧い時代のラブソングに耳をかたむけよう

オールド・ファッションド・ラブソング



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-19

    日生、高齢者の所在確認へ「クロネコ」活用

  2. 2018-8-21

    東京海上、中小企業社員向け保険

  3. 2017-2-21

    1.生命保険営業で心理学を学ぶことが効果的な理由

  4. 2018-4-25

    LINEが保険販売 損保ジャパンと提携(損保の内容です)

  5. 2018-2-28

    セカンドオピニオンは何のためにある?

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る