AIやネットに負けない付加価値追求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いま日本のネット通販市場は15兆円

そのなかでも一際大きな存在感を示しているのがアマゾン。

ライバルの楽天と比べると、顧客の支持の差は歴然です。

<有料会員化率>

アマゾン:37%、楽天:13%(年会費はどちらも3900円)

<顧客ロイヤリティー>

 アマゾン:-17.7%、楽天:-35.9%

※顧客ロイヤリティーはネットプロモータースコア(NPS):企業への愛着や信頼を数値化したもの。

高いほどその企業の収益性も高いと言われ、ウェブサービスのNPS平均は-28%。

識者によれば、アマゾンの強みは「画面の見やすさ・使いやすさ」「配送スピードの追求」などユーザーメリットを徹底追求している点にあると言い、楽天ユーザーですら、その3分の2が【アマゾンで探して楽天で購入する】という行動を取っているそうです。

・レジなしコンビニ「アマゾンGo」

・書店「アマゾン・ブックス」の運営

・米大手スーパーマーケットの買収

IT界のガリバー企業はいまや小売業全般にとって脅威の存在となりつつあり、リアル店舗が生き残るには“アマゾンに負けない販売力”が求められています。

100%紹介でお客様が自ら事務所へ足を運ぶという生命保険コンサルタントは

・面談には夫婦同席

・保険だけの面談はしない

・一切マーケティング活動をしない

という活動を行っています。

成果が上がるポイントは、お客様自身に夢を話していただくよう誘導すること。

例えば教育費の話であれば中学生以上の子どもなら同席してもらい一緒に家族のマネープランを考えてもらう。

そうすることによって、漠然としたプランをお客様自身が家族みんなで明確な「夢」として可視化できる、つまり「内発的気づき」を得られるのです。

その結果、高い満足度につながり、営業活動をせずとも自然と紹介が発生しています。

あくまでお客様主導で判断できるよう夢を実現する“協力者”になることで、強力なファンを創出するというやり方は参考になります。

アマゾンを始めとしたAIやネットに負けない付加価値追求を考える時代ですね。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-28

    1.生命保険は残されたご家族のその後の生活を支える

    平成26年簡易生命表の概況によると日本の男性の平均寿命は80.50歳、女性は86.83歳となっていま…
  2. 2017-3-31

    東京海上日動 大手初

    東京海上日動火災保険が、従業員の健康増進に積極的に取り組む「健康経営」を実践する企業に対し、一部の保…
  3. 2017-3-3

    3.生活水準保障の必要性

    重い病気にかかるとどうなってしまうのかというと、「入院や療養による休職」や「配置転換」「時短勤務」な…
  4. 2018-3-8

    死亡保険 各社大幅値下げ

    ​生命保険各社がこの春、死亡保険料を大幅に下げる。 長寿化で保険期間中に亡くなる人が減る傾向にあり…
  5. 2017-4-11

    AIと世界 仕事が消える日 変化に適応可能か

    ​AIは職場を奪う一方で新たな職場も生み出す。 AIを顧客に合わせて顧客に合わせて作り替えたりAI…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る