お客さまが喜ぶことこそ、自分にメリットがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間は変化を嫌います。

あらゆる仕事のプロセスは、始めたときには、必要性があって始められています。

スポンサーリンク


しかし、環境の変化や業務の変化によって、必要性自体が変化していくことが往々にしてあります。
それでも、一度始まってしまったものは改善・廃止ができないものです。

一度動き出してしまうと必要性が分からなくなったものでも、続けているということが起きてしまいます。

営業の世界でも、最初に覚えた基本のセオリーをひたすら続けている人が多く見かけられます。
基本であればまだいいのですが、そこに自己流が入り込んで、プロセスのカットが行われ、作業は楽な方向にどんどん向いていき、結局自分勝手なセオリーに縛られてしまっている人が多いのです。

それは意味がありますか?

成果を出すために、役に立っていますか?

常に反省改善を繰り返した、効果的な方法ですか?

スポンサーリンク


前例踏襲のよくあるパターンは、「これが私のやり方だ。」とか、「今のままでいい。特に困らないし。」という一言です。

ただひとつ、例外的に変化を積極的に受け入れることがあります。

自分にメリットがある場合です。

前例踏襲は楽ですが、思考停止ということです。

思考停止になれば、あなたの動きはそこで止まります。

ただなんとなく毎日惰性で動くだけの営業マンになっていませんか?

何故、そういうプロセスになっているんですか?

「これでいいんです」という答えは、本当に正しいでしょうか?

自分の仕事のやり方について、「これは何のためにやっているのか?」を理路整然と説明できるかどうか、自問自答してみることです。

このやり方は正しいのか、他にもっと効率的・効果的なやりかたがあるのではないか?

お客さま、私の仕事のやり方に満足して本当に自分の役に立っていると思っているのだろうか?等々チェックの仕方はいくらでもあります。

どうしたらいいか?

専門家に尋ねるか、お客さまに素直に聞くことです。自分にメリットがある場合は、効果的に変化を起こすことができます。

お客さまが喜ぶことこそ、自分にメリットがあるということなのです。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-21

    診断の遅れ、保険で減らす 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命大場社長インタビュー

    超高齢社会になりました。長寿は喜ばしいですが、長生きのリスクに直面するようになりました。 生命保険…
  2. 2017-3-22

    生保協、株式価値向上へ提言

    生命保険協会は21日、企業の株式価値向上に向けた提言をまとめたと発表した。 ​取締役会の実効性向上…
  3. 2017-3-3

    3.お金の増やし方・使い方・守り方

    3つのテーマですが、最初『ふやす』というところから見ていきます。 ふやす時に、ここで大事なのは、『…
  4. 2017-9-29

    日本生命 米運用会社へ出資へ 取締役派遣も検討

    日本生命保険が米国の資産運用会社TCWに出資する方向で優先交渉に入ったことが27日、分かった。 株…
  5. 2018-5-18

    インタビュー第一生命HD社長・稲垣精二氏「保険でQOL向上に貢献」

    第一生命ホールディングスは2020年度までにグループの当期利益を2500億円(17年度見通しは210…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る