承認欲求って、結構強いもんだよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の中には、長やリーダーがいます。

この人たちを中心に、いろいろなプログラムが組まれ、仕事が進行していくわけですが、部下やメンバー、スタッフという人たちの頑張りがなければ、目標の達成はおぼつかないことになります。

スポンサーリンク


組織内の各人は、「自分の存在感」を確認しながら仕事をしていくのです。つまり自分は、役に立っているかどうかと言うことです。「あなたがいなければダメだ」と言う評価が最も高い評価になります。

しかし仕事がスタートしたばかりで、結果が見えていないうちから、評価を下せないのが本当のところです。集められたばかりのメンバーもいる中で、人を動かすには、「聴く」ことと「ほめる」ことが重要になります。

人は、自分の話を聞いてもらいたいという欲求をとても強く持っています。話を聞いて、自分を認めてもらいたいという欲求があるからです。だから、仕事を取り仕切っている役目の人が、真剣に話を聞いてあげれば、相手は、これらの欲求が満足され、積極的に行動してくれるようになります。

しっかりと、人の話を聞いてあげましょう。そうすれば、相手も満足するだろうし、今度は反対に、あたなの要望も受け入れてくれるようになります。

スポンサーリンク


ただ、相手を説得しようとして、頭ごなしに議論してくる人が多いのも事実です。まず先に、相手の話をじっくりと聞いてあげなければ、たとえどんなに論理的な話し方をしても、その意見を受け入れてくれることはないのです。表面上は「はい」分かりましたと了解したとしても、行動にブレーキがかかってしまうのです。

ここで重要なのは、「共感」です。日本人は、アメリカ人に比べて、人を「ほめる」のが苦手なようで、日本企業の多くの人は、ほめられて育っていないようなのです。「オレのいうとおりにやれば良い」式の、強圧的な指示がまかり通っているのです。

「ほめ言葉」のボキャブラリーを増やしてみませんか。ほめる」ことは、共感を生むための第一歩です。そのためにも、ほめ言葉のボキャブラリーを増やし、ほどよい頻度で、タイムリーに、細かくというのが、効果的にほめる基本です。

「いいね」「すごい」以外に、バラエティに跳んだ「ほめ言葉」を効果的に使えると、組織の実績はぐんと上がると思いますよ。 

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-26

    明治安田 中高年の研修に注力

    2019年度から定年を65歳に延長する明治安田生命保険。 働き手の減少と業務量の増加が進む中で活躍…
  2. 2018-1-19

    新春インタビュー直球緩球(第一生命HD 稲垣精二社長)

    日米にフィンテック開発拠点 ​--昨春の社長就任後、新たに見えてきた課題は 「当社が目指すのはグ…
  3. 2017-9-22

    現場の風 アクサ生命保険 新しい医療保険

    契約者に寄り添う新しい医療保険 アクサ生命保険 メディカル&プロテクション企画課長 小林 幹夫さん…
  4. 2017-6-13

    保険比較開発 内外から批判 アイリックコーポレーション社長 勝本竜二さん 「顧客第一」貫き成長

    勝本さんは保険代理店を設立し、「本当に必要な情報を顧客は受け取っているのか」という思いから、各社の契…
  5. 2018-8-30

    健康増進型保険で専門部署 住生、開発機能など集約

    住友生命保険は7月に発売した健康増進型保険「バイタリティー」の開発や営業推進を行う専門部署を10月に…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る