突然起こる大雪への心がまえ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒気の影響で全国各地で天候が不安定となっています。

1月22日に首都圏でも積雪により交通機関が麻痺したり、2月6日頃からは北陸地方で記録的な降雪がありました。

福井県などでは各所で車が長距離に渡り立往生したりと、予期せぬ自然災害が多く起こっています。

スポンサーリンク


やむを得ず通勤などで車に乗っていて雪で立往生してしまった、それが長時間に及ぶことが想定される場合、体調面で注意する必要があります。

寒さを凌ぐため車内暖房を入れたままアイドリング状態を続けた場合、マフラーが雪で覆われてしまうと排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒になる危険性があります。

一酸化炭素は無臭なので逆流していることに気づきにくく、北陸では雪に埋もれた車の中で亡くなられた事例も発生しています。

対策として窓を少し開けてエンジンを切る、いつでも脱出できるようドアが開くか定期的な確認をするなど注意が必要です。

エンジンを切った後の防寒のため毛布や防寒着、カイロなどを常備しておくと心強いですね。

また、長時間に渡って体や足を動かせず同じ姿勢でいると血行不良になり、脚の静脈に血のかたまりが出来やすくなります。

このかたまりが肺に流れ込むと、肺の動脈を塞いでしまういわゆるエコノミークラス症候群になる可能性が高まります。

スポンサーリンク


冬場は特に冷えによる血流の悪化やむくみやすい環境となるため

・長時間同じ姿勢をしない

・こまめに水分補給をする

・軽いストレッチ等を行う

などすると効果があるそうです。

不要不急の外出を控えるよう喚起しても急に降雪量が増えて帰宅途中に立往生に見舞われる、なんて想定外の事も起きる場合もあります。

日ごろから対策と備えをしておくと安心かもしれません。

【参考:JAF公式/トラブルページ】

http://a11.hm-f.jp/cc.php?t=M27124&c=25577&d=8c47

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-16

    ガンになった場合の2つ目のリスク「収入が減少するリスク」

    収入減のリスク 医療費が多額になると予想して、医療費については、医療保険に加入している方は多いので…
  2. 2017-2-23

    ④ 遺族基礎年金・遺族厚生年金

    1.公的年金制度の基礎知識  ④ 遺族基礎年金・遺族厚生年金 遺族基礎年金と遺族厚生年金 自営業…
  3. 2017-2-27

    3.最初に安い商品を売ることは有効か

    化粧品などの宣伝で、本来5,000円の商品が、今だけ500円で2週間分の試供品を提供しますというよう…
  4. 2018-3-12

    ネーミング大賞に「かんたん保険シリーズ ライト!By明治安田生命保険」表彰

    日刊工業新聞社は8日、東京・飯田橋のホテルグランドパレスで「2017年第28回読者が選ぶネーミング大…
  5. 2017-2-28

    1.営業の実績

    営業の実績=質×量 私はこう習いました。 一日中飛び込み開拓を続けていたころは、この公式がす…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る