出生数 初の100万人割れ 16年、出生率も低下1.44

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省が2日発表した人口動態統計によると、2016年に生まれた子どもの数(出生数)は97万6979人で、1899年に統計をとり始めてから初めて100万人を割り込んだ。

1人の女性が生涯に産む子どもの数(合計特殊出生率)は1.44と前年を0.01ポイント下回った。

スポンサーリンク


マイナスは2年ぶり。出産適齢期の女性の減少が少子化に拍車をかけている。

厚労省は出生数減少について「出産適齢期の女性が減ったのが大きい」とみる。

16年は30~34歳の出生率が11年ぶりに低下。

05年の1.26を底とする出生率の回復基調は30代の出産が支えていた。

現役世代で支える年金や介護の社会保障制度も危うい。

(日本経済新聞 2017/6/3)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-3

    日本生命 投融資の高度化加速

    日銀の金融政策により低金利が常態化するなか、機関投資家である生命保険の運用が変化を余儀なくされている…
  2. 2017-9-7

    人の心を動かし購買行動を喚起する

    「生命保険販売の心理学」 生命保険営業では、常にお客さまを相手にします。1対1の関係でお話を進めて…
  3. 2017-12-13

    外貨建て保険 相次ぎ参入戦国時代

    日銀のマイナス金利清濁などに端を発する歴史的な超低金利環境を受け、生命保険会社は4月に保険の運用利回…
  4. 2018-12-14

    日本郵政、米アフラックに3000億円出資へ

      ​日本郵政は米保険大手のアフラック・インコーポレーテッドに約3000億円を出資する方針を固めた。…
  5. 2017-6-23

    日本生命、神奈川県大和市に物流施設

    ​日本生命保険は21日、神奈川県大和市で、140億円を投じて大型物流施設の開発を行うと発表した。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る