出生数 初の100万人割れ 16年、出生率も低下1.44

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省が2日発表した人口動態統計によると、2016年に生まれた子どもの数(出生数)は97万6979人で、1899年に統計をとり始めてから初めて100万人を割り込んだ。

1人の女性が生涯に産む子どもの数(合計特殊出生率)は1.44と前年を0.01ポイント下回った。

スポンサーリンク


マイナスは2年ぶり。出産適齢期の女性の減少が少子化に拍車をかけている。

厚労省は出生数減少について「出産適齢期の女性が減ったのが大きい」とみる。

16年は30~34歳の出生率が11年ぶりに低下。

05年の1.26を底とする出生率の回復基調は30代の出産が支えていた。

現役世代で支える年金や介護の社会保障制度も危うい。

(日本経済新聞 2017/6/3)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-2

    議案反対 生保1~3% 株主総会 信託銀は14~16%

    ​今年6月末までに開かれた株主総会の議案に対する、大手信託銀行と生命保険会社7社の議決権行使状況が2…
  2. 2017-11-22

    不妊治療サポート保険 日生、販売5000件

    ​日本生命が2016年に発売した国内初の不妊治療保険「シュシュ」が堅調な売れ行きを見せている。 若…
  3. 2017-6-28

    第一生命グループ 外貨建て新商品 8月に投入

    第一生命グループが外貨建ての一時払い終身保険の新商品を8月に投入することが27日、分かった。 日銀…
  4. 2017-12-22

    保険の銀行窓販解禁10年(全体の1割にとどまる)

    銀行窓口での保険商品販売が全面解禁され、22日で10年を迎える。 取り扱う商品の幅は広がってきたが…
  5. 2017-6-5

    出生数 初の100万人割れ 16年、出生率も低下1.44

    厚生労働省が2日発表した人口動態統計によると、2016年に生まれた子どもの数(出生数)は97万697…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る