新人営業マンのためのマナースキル 名刺の取り扱い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名刺の取り扱い

1.名刺は原則として名刺入れに入れる

<男性>
名刺入れは、背広の内ポケットに入れ、尻ポケットには入れない

<女性>
ポケットに名刺を入れない。
バックの中に入れすぐに取り出せるようにしておく

★ 名刺入れは正規のものを使う
× 手帳、財布、定期入れを使う

スポンサーリンク


2.挨拶し、両手で名刺を差し出す

① 訪問した人、地位の低い人から渡す
② 相手の読める向きで右手に持ち、左手を添えて渡す
(名刺入れは常に左の手のひらに載せておく)
③ 「○○の~と申します」と名乗りながら渡す
④ 必ず、相手に手渡しすること
× カウンターやテーブル越しの受け渡し
(万一の場合は断りを入れてから)
× テーブルに名刺を置いての受け渡し

3.両手で先方から頂き確認

① 同時交換の場合
同時に相手の名刺入れの上(左手)に、
右手で自分の名刺を載せる

② 先手を取られた場合
相手が先に出してこられたら、
出そうとした自分の名刺をいったん名刺入れの下に控え、
両手で相手の名刺を受け取る

③ 必要に応じて相手の名前は復唱する
「△△の○○様でいらっしゃいますね」

④ 一度に多くのお客様と面談する時は、席順に合わせて名刺をテーブルの手前に並べる

4.一対多数での名刺交換の場合

① 多数の方々と名刺を交換する場合には、
数枚の名刺を事前に出し、名刺入れの下に準備しておく

② 自分の名刺は下から出し、頂いた名刺は名刺入れの下に置 く(少しずらして

スポンサーリンク


5.上司と一緒に名刺交換をする場合

上司が先に名刺交換を行い、部下はその後に続く
(その際、部下は一歩後ろに下がるとよい)

6.頂いた名刺は持ったまま、立ち話をする場合

① 両手で胸の高さに名刺を持ち、下に下げない

② 話が長くなるようであれば、目礼をして名刺入れにしまう
(相手の名前を覚えてからしまう)

7.その他

※ 会議中、名刺は並べて机に置いてよい。1人の場合は名刺入れの上に載せる
※ 名刺をしまう時はタイミングを見計らってしまう
商談の終わり=しまうタイミング

態度(紹介)

★ 紹介の際には、誰から誰に紹介するかの順序と、言葉づかいに注意
★ 紹介の順序を決定するキーワード
「立場が上の人が先に相手を知る権利がある」

1.お客様に上司を紹介する場合

① 先方に上司を紹介
② 上司に先方を紹介
③ 上司に合わせて軽くお辞儀をする

2.自分も上司もお客様と初対面の場合

① 上司が先に自己紹介
② 上司に続いて積極的に自己紹介

3.他社の人に自社の人を紹介する場合

自社の人を先に紹介する

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-19

    定年延長 シニアに活躍の場 企業の18%が「廃止」「65歳以上」

    ​少子高齢化によって各業界で人手不足が問題となる中、従業員の定年を延長する企業が相次いでいる。 明…
  2. 2017-3-31

    持病があっても「共済」加入可能

    病気や死亡時の保障をする共済で、持病があっても健康な人と同様に加入できるタイプの商品が登場している。…
  3. 2017-3-1

    4.安定成熟期

    4.安定成熟期 安定成熟期とは成長期を経て、多少の経営上のリスクがあっても、会社の体力で事業が…
  4. 2017-3-2

    ③お金をつかう

    2つ目としまして、皆さんの『つかう』というところ、日々のお金の使い道についてです。 色々使いたいこ…
  5. 2018-3-6

    あんしん生命の商品開発力

    生損保一体化 調査研究に強み 一般的な生保は営業職員や保険ショップ、銀行を通じて保険を販売するが、…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る