若年層、年間2万1400人がん発症…初の推計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国立がん研究センターは、15~39歳の「AYAアヤ(Adolescent and Young Adult=思春期・若年成人)世代」で年間2万1400人ががんを発症しているとする推計結果を発表した。

2009年から11年に27府県で登録された患者のデータから、14歳以下の小児がんとAYA世代のがんの全国の年間発症率、発症数などを推計した。AYA世代のがん統計がまとまったのは初めて。

年間発症数は小児がんで約2100人、AYA世代は15~19歳で約900人、20歳代で約4200人、30歳代で約1万6300人。

25歳頃から30歳代は女性のがんが男性の2倍程度だった。?

(産経新聞 2018/05/30)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-18

    生活習慣病リスク予測 健診データAIが分析

    NTTとNTTデータは16日、糖尿病など生活習慣病の発症リスクを人工知能で予測するシステムを開発した…
  2. 2018-3-2

    新卒採用に“AI面接官”登場

    ​来年春に卒業予定の大学3年生らに向けた主要企業による会社説明会が1日解禁となり、就職活動が本格的に…
  3. 2017-9-21

    明治安田生命保険アンケート 3人目「望まない」

    子育てに関するアンケートを実施し、子育て世帯の9割が3人目の出産を「望まない」か「躊躇」しているとの…
  4. 2017-12-22

    保険の銀行窓販解禁10年(全体の1割にとどまる)

    銀行窓口での保険商品販売が全面解禁され、22日で10年を迎える。 取り扱う商品の幅は広がってきたが…
  5. 2018-8-3

    日本生命、円建て貯蓄性保険を再開

    日本生命保険は1日、円建ての貯蓄性商品の取り扱いを再開した。 日銀がマイナス金利政策を導入したのを…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る