若年層、年間2万1400人がん発症…初の推計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国立がん研究センターは、15~39歳の「AYAアヤ(Adolescent and Young Adult=思春期・若年成人)世代」で年間2万1400人ががんを発症しているとする推計結果を発表した。

2009年から11年に27府県で登録された患者のデータから、14歳以下の小児がんとAYA世代のがんの全国の年間発症率、発症数などを推計した。AYA世代のがん統計がまとまったのは初めて。

年間発症数は小児がんで約2100人、AYA世代は15~19歳で約900人、20歳代で約4200人、30歳代で約1万6300人。

25歳頃から30歳代は女性のがんが男性の2倍程度だった。?

(産経新聞 2018/05/30)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-16

    太陽生命・朝日生命 認知症保険契約が急増

    高齢化社会の進展による認知症患者の増加を背景に、生命保険2社が販売する「認知症保険」が契約数を伸ばし…
  2. 2018-6-11

    運用難でも増配ラッシュ 生保、長寿化の恩恵を還元

    ​2018年3月期決算を受け、生命保険会社の間で契約者配当を引き上げる動きが相次いでいる。 すでに…
  3. 2017-2-28

    1.生命保険は残されたご家族のその後の生活を支える

    平成26年簡易生命表の概況によると日本の男性の平均寿命は80.50歳、女性は86.83歳となっていま…
  4. 2017-5-12

    成果が出ないのは、口臭のせい?

    営業マンにとって一番大事な場面は、初めてお客様に接触するときです。 それは、あなたの第一印象が決ま…
  5. 2018-7-17

    石炭火力に投融資 日生、取りやめへ

    日本生命保険が二酸化炭素(CO2)排出量が多い石炭火力関連事業への新規の投融資を取りやめる方針を固め…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る