若年層、年間2万1400人がん発症…初の推計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国立がん研究センターは、15~39歳の「AYAアヤ(Adolescent and Young Adult=思春期・若年成人)世代」で年間2万1400人ががんを発症しているとする推計結果を発表した。

2009年から11年に27府県で登録された患者のデータから、14歳以下の小児がんとAYA世代のがんの全国の年間発症率、発症数などを推計した。AYA世代のがん統計がまとまったのは初めて。

年間発症数は小児がんで約2100人、AYA世代は15~19歳で約900人、20歳代で約4200人、30歳代で約1万6300人。

25歳頃から30歳代は女性のがんが男性の2倍程度だった。?

(産経新聞 2018/05/30)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-20

    日本生命、「ユニコーン」に100億円投資

    日本生命保険は新たな事業を創出するスタートアップ企業に100億円を投資する。 10月から開始し、今…
  2. 2018-1-30

    日生 営業職員成果給引き上げへ 5年連続、処遇改善で人員確保

    日本生命が2018年度から、営業職員の成果給引き上げを検討していることが29日分かった。 ​今月中…
  3. 2017-7-25

    「保険デザイン」 住友生命が買収

    住友生命保険は24日、関西を中心に保険の乗り合い代理店を展開する「保険デザイン」を買収すると発表した…
  4. 2017-2-24

    ②申込手続きとポリシーレビューで注意するポイント

    1.申込手続きが負担にならないようにする 生命保険のお申込み手続きは、一般的に説明が必要な書類やご…
  5. 2017-4-21

    「生命保険販売の心理学」~心が動けば欲しくなる

    生命保険販売の心理学 人の心を動かし購買行動を喚起する はじめ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る