若年層、年間2万1400人がん発症…初の推計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国立がん研究センターは、15~39歳の「AYAアヤ(Adolescent and Young Adult=思春期・若年成人)世代」で年間2万1400人ががんを発症しているとする推計結果を発表した。

2009年から11年に27府県で登録された患者のデータから、14歳以下の小児がんとAYA世代のがんの全国の年間発症率、発症数などを推計した。AYA世代のがん統計がまとまったのは初めて。

年間発症数は小児がんで約2100人、AYA世代は15~19歳で約900人、20歳代で約4200人、30歳代で約1万6300人。

25歳頃から30歳代は女性のがんが男性の2倍程度だった。?

(産経新聞 2018/05/30)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-10

    世の中、凡人ばかりだから、楽しい

    世の中、凡人ばかりだから、楽しい。天才はきっとつまらないと思いますよ。 だって毎日何も改善すること…
  2. 2018-11-28

    生保、当面は慎重運用

    利上げ局面にある米金融政策や米中貿易戦争の行方などが読みにくく、金融市場の先行き不透明感は強まってい…
  3. 2018-1-15

    貯蓄型保険販売 外貨建てを軸に(明治安田生命)

    明治安田生命保険は、今後の貯蓄型保険の販売の主力を「外貨建て」に移す方針だ。 円建ての貯蓄型保険は…
  4. 2018-10-29

    生保は国債投資へ 外債運用のコスト上昇で

    生命保険会社は日本の国債への投資にそろりと動き始めている。 26日出そろった国内の主要生命保険10…
  5. 2017-3-10

    中小向け保険に本格参入 住友生命

    ​住友生命保険は9日、中小企業向け法人営業に本格参入すると発表した。 エヌエヌ生命保険の法人向け定…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る