がんゲノム医療 初承認へ 検査システム、普及へ一歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がんゲノム医療

​厚生労働省は、がん患者の遺伝子変異を調べ、効果が見込める薬を選ぶ「がんゲノム医療」用の検査システムの販売を初めて承認することを決めた。1カ月程度で医療機器として正式承認し、その後に公的医療保険も適用し数十万円かかる患者の検査費負担が軽減される見通し。​

​4月に始まった全国約150施設が参加するがんゲノム医療の本格普及に向けた一歩となる。

同省の専門家部会が承認の意見をまとめたのは、シスメックスと中外製薬の二つの製品。

主に試薬とデータ化解析ソフトで構成され、科学的に確立された治療法を受けたが効果がなくなった患者や、確立された治療法がない希少がん、小児がんなどの患者が対象になる。シスメックスの製品は114種類、中外製薬の製品は324種類の遺伝子を調べられる。

厚労省はゲノム医療を通じて集めた遺伝子変異や治療のデータを新薬開発にも活用し、薬にたどりつける患者の割合を向上させたい考えだ。

(毎日新聞 2018/12/17)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-22

    保険金支払い 査定はAIで 明治安田 4月にも

    ​明治安田生命の根岸秋男社長が、保険金や人口知能(AI)を活用し、業務の効率化を進めて査定業務の時間…
  2. 2017-3-1

    3.契約者貸付・変換権という切り口

    法人に関しては、世間話、立話程度で5分10分でアプローチしないといけません。 まず社長に、いかに深…
  3. 2017-3-14

    こんなに多い不眠症

    日本人の、約3割が眠れない、約1割が「不眠症」と言われています。  生命保険を勧めるに当っても、睡…
  4. 2018-4-10

    【トップは語る】T&Dホールディングス 生命保険のネット販売も検討

    ​T&Dホールディングス社長・上原弘久さん(56) 学習院大卒。1984年太陽生命保険入社…
  5. 2018-3-30

    生保のドル買い低調か 新年度、為替変動リスク懸念

    2018年度、国内生命保険会社によるドル買いは低調に。 市場関係者の間で、こんな見方が強まっている…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,663人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,663人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る