がんゲノム医療 初承認へ 検査システム、普及へ一歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がんゲノム医療

​厚生労働省は、がん患者の遺伝子変異を調べ、効果が見込める薬を選ぶ「がんゲノム医療」用の検査システムの販売を初めて承認することを決めた。1カ月程度で医療機器として正式承認し、その後に公的医療保険も適用し数十万円かかる患者の検査費負担が軽減される見通し。​

​4月に始まった全国約150施設が参加するがんゲノム医療の本格普及に向けた一歩となる。

同省の専門家部会が承認の意見をまとめたのは、シスメックスと中外製薬の二つの製品。

主に試薬とデータ化解析ソフトで構成され、科学的に確立された治療法を受けたが効果がなくなった患者や、確立された治療法がない希少がん、小児がんなどの患者が対象になる。シスメックスの製品は114種類、中外製薬の製品は324種類の遺伝子を調べられる。

厚労省はゲノム医療を通じて集めた遺伝子変異や治療のデータを新薬開発にも活用し、薬にたどりつける患者の割合を向上させたい考えだ。

(毎日新聞 2018/12/17)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-28

    第一生命 糖尿病患者加入基準緩め契約増

    糖尿病患者加入基準緩め契約増 第一生命保険は、糖尿病患者でも健康な人と同じ保険に入れるよう昨年10…
  2. 2017-6-27

    ソニー生命 豪生保の買収検討

    ソニー生命保険は出資する豪生命保険会社クリアビュー・ウェルスの買収を検討する方針だ。​ 経済紙オー…
  3. 2018-9-11

    地震被災者に保険金支払い 生保各社、北海道で

    北海道で震度7を観測した地震を受け、生命保険各社は被災した契約者も保険金の支払い対象とする。 ​今…
  4. 2018-4-5

    日本生命 新社長の清水博氏「収益拡大へM&A推進」

    ​日本生命保険社長に1日就任した清水博氏(57)が毎日新聞のインタビューに応じ、「業界トップには引き…
  5. 2017-12-22

    生保、海外人材育成を加速

    大手生命保険各社は海外で活躍できる国内人材の育成を加速している。 ​運用や商品供給などで海外との連…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る