がん新患者101万人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国立がん研究センターは15日、2018年に新たにがんと診断される人は国内で101万3600人という予測を発表した。

前年に比べ400人減と横ばいだった。ただ、部位別にみると、前年に続き最多の大腸が2600人(男性1700人、女性900人)増えた。

2位以下は胃、肺、乳房、前立腺の順で変わらないが、いずれも患者数は減った。

​予測によると、新たにがんになる人は男性57万4800人、女性43万8700人だった。

部位別では、最多の大腸が15万2100人。

高齢化や食生活の欧米化の影響とみられる。

次に多い胃は12万8700人と、前年に比べ4100人減った。原因となるピロリ菌の感染率が下がっているためという。

続いて、肺12万5100人(前年比3600人減)、乳房8万6500人(同2600人減)、前立腺7万8400人(同7700人減)となった。​

男女別に多い部位をみると、男性の最多は胃で前年と同じだが、2位は大腸で、前年の4位から上昇した。

3位以下は肺(前年2位)、前立腺(同3位)、肝臓(同5位)。

女性は乳房、大腸、胃、肺、子宮の順で前年と変わらない。

18年の死亡者数予測は、男性22万3000人、女性15万7000人の計37万9000人だった。前年より1900人増えている。

(読売新聞 2018/09/15)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-13

    外貨建て保険 相次ぎ参入戦国時代

    日銀のマイナス金利清濁などに端を発する歴史的な超低金利環境を受け、生命保険会社は4月に保険の運用利回…
  2. 2017-6-14

    MS&ADインシュアランスグループホールディングス社長柄沢康喜さん 環境人材育成

    環境省による「環境人づくり企業大賞」の環境大臣賞を受賞したMS&ADインシュアランスグループ…
  3. 2018-1-10

    生命保険で事業承継に備えを

    経営者に万が一のことがあった場合、中小企業を突然の危機から守るには何が必要かー。 民間調査会社が2…
  4. 2017-6-13

    子供を無料招待 日本生命保険とニッセイ文化振興財団​

    全国の子供たちを招待する舞台イベント「ニッセイ名作シリーズ2017」を13日に開始する。​ 全15…
  5. 2018-10-4

    住友生命、アクサ生命と提携し介護関連事業に参入

    住友生命保険とアクサ生命保険は共同で、介護施設の紹介などを手掛ける事業を始める。 10月中にも専用…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る