がん新患者101万人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国立がん研究センターは15日、2018年に新たにがんと診断される人は国内で101万3600人という予測を発表した。

前年に比べ400人減と横ばいだった。ただ、部位別にみると、前年に続き最多の大腸が2600人(男性1700人、女性900人)増えた。

2位以下は胃、肺、乳房、前立腺の順で変わらないが、いずれも患者数は減った。

​予測によると、新たにがんになる人は男性57万4800人、女性43万8700人だった。

部位別では、最多の大腸が15万2100人。

高齢化や食生活の欧米化の影響とみられる。

次に多い胃は12万8700人と、前年に比べ4100人減った。原因となるピロリ菌の感染率が下がっているためという。

続いて、肺12万5100人(前年比3600人減)、乳房8万6500人(同2600人減)、前立腺7万8400人(同7700人減)となった。​

男女別に多い部位をみると、男性の最多は胃で前年と同じだが、2位は大腸で、前年の4位から上昇した。

3位以下は肺(前年2位)、前立腺(同3位)、肝臓(同5位)。

女性は乳房、大腸、胃、肺、子宮の順で前年と変わらない。

18年の死亡者数予測は、男性22万3000人、女性15万7000人の計37万9000人だった。前年より1900人増えている。

(読売新聞 2018/09/15)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-20

    KDDIが株買い増し ライフネット生命

    「au」ブランドで携帯電話事業を展開するKDDIは17日、資本・業務提携するライフネット生命の株式を…
  2. 2018-4-23

    銀行・保険、採用を大幅減 来春新卒、業務電子化で

    ​日本経済新聞社が22日まとめた採用計画調査で、銀行や保険が2019年春入社の新卒採用を大幅に減らす…
  3. 2017-3-8

    保険証券で保険を見直す

    保険の見直しは、現在加入している保険の契約内容の把握するために、保険証券のチェックが必須です。 保…
  4. 2018-2-26

    日生、終身医療保険料を据え置き、死亡は引き下げへ

    日本生命保険は終身医療保険の保険料を据え置く方針だ。 4月に料率の基準となる標準死亡率が11年ぶり…
  5. 2017-3-13

    自らつかみとる

    「自らつかみとる」 子供のころ、百科事典と国語辞典を読む(見る)ことが大好きでした。勉強している気…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る