がんにならない!ための予防法 6項目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ではおよそ「2人に1人」ががんになると言われ「3人に1人」ががんで亡くなっています。

(がんの死亡者数は年間約37万人以上)*
そしてがんは、働き世代である30代以降の死因トップとなっています。

スポンサーリンク


しかしながら、がんは予防することができる病気です。
これまでの研究から、がん発生は遺伝だけではなく、たばこや食生活などの「生活習慣」が大きく関連することがわかっています。
がん予防法が効果的に実施されれば、がん発生率と死亡率を下げることが期待でき、世界的にも注目されているテーマです。

【日本人のためのがん予防法】日本人に推奨できる<6項目>

これは、国立がん研究センターが、日本人10万人を対象に20年にわたり実施した追跡調査による、科学的根拠があるものです。

出典:厚生労働省 平成26 年 人口動態統計月報集計(複数)の概況より
国際がん研究機関 がん罹患率統計より
* 厚生労働省 平成26年人口動態統計月報集計(複数)の概況より

1.喫煙

*たばこは吸わない
*他人のたばこの煙を避ける

スポンサーリンク


がんの約3割は喫煙が原因であると考えられます。

日本人を対象とした研究に基づく部位別発生評価は、多くの部位において確実とされています。

禁煙方法は何通りもあるので、あなたに合った方法をみつけてみましょう。

吸わない人も他人のたばこの煙を避けましょう。

2.飲酒

*飲むなら、節度のある飲酒をする

日本人を対象とした研究に基づくと、部位別では「肝臓」「大腸」「食道」のがんにおいて飲酒の影響が確実とされています。

お酒を飲む人は、1日あたりアルコール換算で約23g程度まで。

飲まない人、飲めない人は無理に飲まないようにしましょう。

3.食事

*偏らずバランスよくとる

野菜や果物不足にならないようにしましょう。

飲食物を熱い状態でとらないようにしましょう。

食道がん」のリスクは、熱い飲食物の摂取により、ほぼ確実に上がる とされています。

なるべく冷まして、口腔や粘膜を傷つけないようにしましょう。

それにより、口腔・咽頭や食道のがんのリスクが低下することが期待できます。

スポンサーリンク


野菜・果物の摂取により、特に「食道がん」のリスクがほぼ確実に低下する とされています。合わせて、「脳卒中」や「心筋梗塞」などをはじめとする生活習慣病全体に対しても有効といえます。

食塩のとり過ぎは、「胃がん」においてほぼ確実にリスクを上げる とされています。

摂取量を抑えることは、高血圧を予防し、循環器疾患のリスク低下にもつながります。

4.身体活動

*日常生活を活動的に

歩行またはそれと同等以上の強度の身体活動を1日60分行いましょう。

息がはずみ汗をかく程度の運動は1週間に60分程度行いましょう。

身体活動により、「大腸(結腸)がん」のリスクを下げられる ことはほぼ確実とされています。がんのみならず、心疾患の死亡リスクも低くなります。

5.体形

*成人期での体重を適正な範囲に

WHOの基準では、BMIが25を超えると過体重、30を超えると肥満になります。

男女共にやせすぎても太りすぎても、がんを含む全ての原因による死亡リスクが高くなります。

健康診断でよく目にする「BMI(=肥満指数)」がポイントとなります。

BMIの計算方法は、体重(Kg)÷ [身長(m)]2 で算出できます。

肥満は、閉経後「乳がん」のリスクを上げる ことが確実であり、また「大腸がん」および「肝がん」に対しては、ほぼ確実とされています。やせすぎにも注意しましょう。

6.感染

*肝炎ウイルス感染検査と適切な措置を

*機会があればピロリ菌感染検査を

地域の保健所や医療機関で、一度は肝炎ウイルスの検査を受けましょう。

機会があればピロリ菌の検査も受け、感染している場合には専門医に相談しましょう。

B型・C型肝炎ウイルスは、主に血液や体液を介して感染します。

出産時の母子感染・輸血や血液製剤の使用、まだ感染リスクが明らかでなかった時代の医療行為による感染ルートが考えられています。

昔受けた医療行為などによって、知らないうちに感染している可能性もあります。

研究においても、B型・C型肝炎ウイルスは「肝がん」のリスクを上げる ことは確実とされています。

出典:「国立がん研究センターがん情報サービス」より

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-13

    聞くちから

    今、あなたが置かれている環境は、「話しやすい」空間でしょうか。 とても話しやすい環境だとしたら、周…
  2. 2017-7-5

    認知症対応商品を積極開発 保険各社、賠償請求の高額補償など

    認知症の患者数が増える中で、保険各社が治療や介護のための出費に備えた商品を積極的に開発、販売している…
  3. 2017-3-6

    3.生前贈与話題からのアプローチ

    「あなたも考えてみませんか? 生前贈与のこと」 募集人:~さんこんにちは、先日は相続についてのお話…
  4. 2017-12-22

    生保、海外人材育成を加速

    大手生命保険各社は海外で活躍できる国内人材の育成を加速している。 ​運用や商品供給などで海外との連…
  5. 2017-5-15

    かんぽ生命社長に植平氏

    かんぽ生命保険は石井雅実社長が退任し、後任に植平光彦専務執行役が昇格する人事を固めた。 ​ 植平氏…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る