がん検診 5年ごとに無償 伊藤忠 40歳以降社員、早期発見へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤忠商事は21日、社員のがん予防・治療対策を拡充すると発表。

国立がん研究センター中央病院と提携し、40歳以降の社員は5年ごとに全身のがん検診を無償で受けられるようにする。

​高額な治療費がかかる「高度先進医療」も、提携保険会社を通じて伊藤忠が費用を全額負担する。

早期に発見・治療しやすい体制を整え、社員が安心して働き続けられるようにする。

正社員約4300人を対象に、来年4月から本格的に始める。

検診は胃や腸など主要な部位を対象とする。

国立がん研究センターと法人契約を結び、検診の予約が取りやすくする。

(日本経済新聞 2017/08/22)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-3

    ①医療費や疾病の状況

    医療に必要となる費用について、医療費や疾病の情報についての状況を確認してみましょう。 入院日数の現…
  2. 2017-8-21

    保険料割引、アプリでクーポン

    健康を維持することで、節約につながるような保険商品が目立ってきた。 健康状態がよいほど安くなる医療…
  3. 2018-3-9

    第一生命、カンボジア進出、子会社設立、貯蓄性商品を販売

    ​​第一生命ホールディングスはカンボジアに進出する。 月内にも現地に100%子会社を設け、2018…
  4. 2017-12-19

    生保各社、収益安定とサービス向上

    生命保険各社が、唾液などで病気かどうかが分かる簡易検査技術の確立や普及に向け、医療ベンチャーなどと協…
  5. 2018-12-7

    太陽生命、認知症の相関を産学共同研究

    太陽生命保険は4日、滋賀大学、滋賀医科大学と認知症の共同研究を始めたと発表した。 太陽生命保…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る