がん検診 5年ごとに無償 伊藤忠 40歳以降社員、早期発見へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤忠商事は21日、社員のがん予防・治療対策を拡充すると発表。

国立がん研究センター中央病院と提携し、40歳以降の社員は5年ごとに全身のがん検診を無償で受けられるようにする。

​高額な治療費がかかる「高度先進医療」も、提携保険会社を通じて伊藤忠が費用を全額負担する。

早期に発見・治療しやすい体制を整え、社員が安心して働き続けられるようにする。

正社員約4300人を対象に、来年4月から本格的に始める。

検診は胃や腸など主要な部位を対象とする。

国立がん研究センターと法人契約を結び、検診の予約が取りやすくする。

(日本経済新聞 2017/08/22)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-2

    5.総合保障提案のためのトークスクリプト

    「夢」を確実に実現するために必要な大切なお話をこれからさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか…
  2. 2018-8-23

    保険離れ食い止めろ 業界、出前授業に力

    若者の保険離れを食い止めようと、生命保険業界が教育現場での「出前授業」に取り組んでいる。 業界を挙…
  3. 2018-9-18

    がん新患者101万人

    ​国立がん研究センターは15日、2018年に新たにがんと診断される人は国内で101万3600人という…
  4. 2018-2-16

    主要生保、5グループが増収、4~12月

    国内の主な生命保険会社の2017年4~12月期決算が15日、出そろった。 売上高にあたる保険料等収…
  5. 2018-3-26

    日生 農地投資参入へ

    ​日本生命保険は、農地の購入や開発を手がけるファンドに投資する方針を明らかにした。 日本銀行のマイ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る