人と自分は違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人と自分は違う

かつて単独営業マンだったころ、上司に、営業の1から10まできめ細かく教えられたことがあります。

感謝はしていたんですが、教えられた通りには動けなかったのです。120名のメンバーの中では、成績がほぼ最下位に近かったので、朝から晩まで飛び込み営業を強いられましたが、やれどもやれども結果は最悪でした。

スポンサーリンク


他の営業マンと比較しても仕方のないことだから、いっそ徹底的に自分らしさを追及してそれでダメなら仕方ないと開き直ってから、数字が出だしました。

今までたくさん教えられたテクニックなんか、これっぽちも役に立たないことを知りました。

さらに他の誰とも比較されないことをやってみようと思い、保険の話を一切やめ、「何か私にできることはありませんか作戦」と、「300世帯毎週訪問作戦」を繰り返しているうちに、人に頼まれごとをしてもらえるようなり、相手の期待するレベルの倍返しをし続けたら、保険のほうでも徐々に成果が出始めたのです。

頼まれごとって言ったって、「うまい飲み屋知らないか」とか、「セール情報教えて」、「来週来るときタバコ買ってきて」、程度の話です。情報提供と簡単な買い物の手伝いくらいなら、お金は一切かからないんです。

スポンサーリンク


これなら、誰とも比較されない自分になれそうな気がして、ひたすら「自分らしさ」を追求することにしました。自分で決めたことなので、やらされ仕事より圧倒的に動きが良くなり、楽しい時間が増え、顔色まで良くなったおかげで、成績はトップグループに食い込むことができました。

結局は、自分らしい生き方を確立すれば、それがそのまま組織での役割に直結するということです。早い話が、自分が自分らしく行動することこそ、組織における自分の役割だと思えばいいのではないでしょうか。

理論やテクニックだけでお客さまは首を縦には振りません。感動があって心が動いて始めて、行動に出るものです。そして本当に心から喜んで契約にいたるものです。

会った人の2割の人に、信頼され好意を持たれ感動されたらいいと思っています。

2割もいたら最高の成果ですよね。

それ以上望むと、八方美人に成り下がって、自分らしさが出てきません。人に比較されない部分で仕事を続けていたら、誰とも競争しないで良いわけです。競争しないんだから、そのやり方ではいつでも一等賞になれます。

100人に会って20人の人から、契約をいただき、紹介をいただき、いつまでもお付き合いができたら、どんなに良い結果が出るか分かりますか。いつまでたっても見込み客が減らないんです。いつもアポイントのある営業活動って、本当に楽しいことです。

そのうちそれが、他の誰にも真似のできない、唯一無二の営業テクニックだとほめられたりしたわけです。

考え方でも行動でも、自分に合ったものだけを採用していけばいいと思っています。自分でいいと思ったものだけを自分の行動に取り込んでいけば、仕事がとても楽になりますよ。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-29

    マツキヨHD、保険販売(第一生命HDと提携)

    ​マツモトキヨシホールディングスと第一生命ホールディングスは業務提携する。 マツモトキヨシHDの…
  2. 2017-5-15

    営業がうまくいっていない人の5つの問題点

    営業がうまくいっていない人の5つの問題点 実績を出すための公式は、掛け算なんです。 営業の実…
  3. 2017-7-10

    長寿化 変わる保険(来春にも料率改定)

    ​今や人生80年とも90年ともいわれる長寿社会となった。 それを受け、生命保険各社は来春にも保険…
  4. 2017-6-23

    日本生命、神奈川県大和市に物流施設

    ​日本生命保険は21日、神奈川県大和市で、140億円を投じて大型物流施設の開発を行うと発表した。 …
  5. 2017-12-13

    外貨建て保険 相次ぎ参入戦国時代

    日銀のマイナス金利清濁などに端を発する歴史的な超低金利環境を受け、生命保険会社は4月に保険の運用利回…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る