コミュニケーションは受け手がきめる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホが水没して使えなくなってしまいました。しばらく情報アナログ人間になりましたが、なぜか爽やかな時間をすごしています。

あれっ、スマホなんて必要なかったんじゃないかな。

スポンサーリンク


そんな中で、日々の仕事、時間のない中で、どのように、どれだけ、周囲の人々とのコミュニケーションをとるかについて、考えてみました。確信したのは、質より「量」が重要だということです。なによりも、特に注意したいのは、「こちらが言っても、相手に聞いてもらえたわけではないということ」です。

毎日朝礼を行っている会社があります。リーダーの連絡事項の伝達は、1回限りです。1回言ったのだからみんな分かっているはずという論理です。しかし、聞く側からすると、1回しか言わないのだから、特に重要なことではないだろうという感覚になるそうです。人事面談などでは、1回で終わる人は、3回面談があった人より重要視されていないという判断をしてしまうのだとか。

スポンサーリンク


コミュニケーションは受け手がきめるのです。

質より量が決め手です。

量が少ないと、「人をカテゴライズ(分類)して見る」ことで、つまり、国籍、人種、性別、年齢、出身校、職歴、組織内のポジション、果ては血液型といった属性で、人をカテゴライズし、「彼は○○だから」と決め付けたりしてしまいます。

「その人はその人」でしかないのに、その個性ではなく、カテゴライズした上での、自分の判断や評価が正しいと信じ込んでしまいます。

ところが、相手からすると、「自分のことをわかってくれない」のが前提で、接していますから、コミュニケーションのとれないまま時間が過ぎていくことになります。

スポンサーリンク


「伝えた」のだから、「伝わった」はずということにはならないのです。「事実」は一つしかなくても、「解釈」は聞いている人の立場の数だけあるのです。だからこそ、なるべくたくさんコミュニケーションをとる機会を作る必要があります。

それも相手は自分の話をどう聞くかを常に考えながらです。コミュニケーションは受け手が決めるからです。

どんな言葉を選ぶか、どんな言い方をするかで、伝わり方や相手の受け取り方は変わってくるので、「言わなくてもわかってくれる」なんてことは、これっぽっちも考えたり、甘えたりしてはいけないのです。

自分のために時間をたくさん割いてくれる人、たくさんの回数、声をかけてくれる人が、信頼の優先順位が高くなるのは当然のことです。うまくコミュニケーションをとるためには、上手に話すことなど気にしないで、本当に思っていることを伝える努力をすれば良いということだけです。

なぜならば、相手は、こんなことは、良くわかっているのです。

・知らないことを、話すことはできない。

・感動していないことを、分かち合うことはできない。

・理解していないことを、説明することはできない。

・持っていないものを、与えることはできない。

・実践していないことを、指導することはできない。

・思ってもいないことは、言葉にできない。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-11

    AIと世界 仕事が消える日 変化に適応可能か

    ​AIは職場を奪う一方で新たな職場も生み出す。 AIを顧客に合わせて顧客に合わせて作り替えたりAI…
  2. 2017-5-2

    地方創生で宮崎県と連携 明治安田

    ​明治安田生命保険は宮崎県と地方創生に関する包括連携協定を結んだ。 宮崎県が保険会社と「包括連携協…
  3. 2017-3-15

    知恵を吸収

    お茶の水女子大学と産学連携を結んだSOMPOホールディングス。​ 社長の櫻田謙悟さんは「ブランド、…
  4. 2018-10-17

    生保、地銀に統治改善促す

    「物言わぬ株主」ともされてきた大手生命保険会社が、地方銀行に企業統治(ガバナンス)の改善を促し始めた…
  5. 2017-4-24

    生保協会 会長に橋本氏

    生命保険協会は根岸秋男会長の後任に、住友生命保険社長の橋本雅博氏を内定した。​ 7月21日開催の臨…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る