第55回中学生作文コンクール入賞者決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文部科学大臣賞、全日本中学校長会賞等の受賞者を招き、表彰式を開催

このコンクールは文部科学省、金融庁、全日本中学校長会の後援、ならびに(一社)生命保険協会の協賛を得て、昭和38年より生命保険を題材に毎年実施しています。

スポンサーリンク


「わたしたちのくらしと生命保険」をテーマに作文を募集したところ、応募校数・応募作品数ともに過去最多となる全国1,150校より34,394編の応募がありました。

前回に比べて25%増加(第54回は27,425編)となりました。

これまでの最多は平成3年の32,229編で、全国の中学生約520万人に占める応募作品数の割合は0.6%でした。

一方で、今年は中学生約330万人に占める割合は1.0%となり、中学生数が大幅に減少している中での応募作品数増加となりました。

第55 回中学生作文コンクール全国賞入賞作品集

この作品集には、文部科学大臣奨励賞、全日本中学校長会賞、生命保険文化センター賞の全国賞入賞作品8編を収録しております。

生命保険文化センターのウェブサイトにPDF形式で作品内容が掲載されています。

生命保険文化センターのウェブサイト http://www.jili.or.jp/press/2017/nwl7.html

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-30

    三井生命の「健康自慢」 健診への関心高め病気予防にも

    三井生命保険 商品開発部商品開発グループ 古田里絵課長にヒットの理由を聞く。​ 一定の状態を満たし…
  2. 2018-3-12

    日生、認知症予防にAIスピーカー、アマゾンと組む

    ​​日本生命保険は認知症対策サービスを始める。 第1弾で月内にも、米アマゾン・ドット・コムと組…
  3. 2018-7-25

    生損保大手、NGOの低評価に困惑

    国内の生命保険・損害保険大手8社(グループ)の投融資方針の「社会性」についての格付け 環境問題など…
  4. 2017-2-27

    7.松竹梅の法則

    松・竹・梅と三段階の商品があった場合、それは真ん中の商品が売れ筋となります。 心理学でいうところの…
  5. 2017-3-27

    金融サービス指標 金融庁方針 顧客本意の業務点検

    金融機関に導入を求めるのは、組織や業務の目標の達成度合いを測る「重要業績指標」 金融庁は24日、投…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る