第55回中学生作文コンクール入賞者決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文部科学大臣賞、全日本中学校長会賞等の受賞者を招き、表彰式を開催

このコンクールは文部科学省、金融庁、全日本中学校長会の後援、ならびに(一社)生命保険協会の協賛を得て、昭和38年より生命保険を題材に毎年実施しています。

スポンサーリンク


「わたしたちのくらしと生命保険」をテーマに作文を募集したところ、応募校数・応募作品数ともに過去最多となる全国1,150校より34,394編の応募がありました。

前回に比べて25%増加(第54回は27,425編)となりました。

これまでの最多は平成3年の32,229編で、全国の中学生約520万人に占める応募作品数の割合は0.6%でした。

一方で、今年は中学生約330万人に占める割合は1.0%となり、中学生数が大幅に減少している中での応募作品数増加となりました。

第55 回中学生作文コンクール全国賞入賞作品集

この作品集には、文部科学大臣奨励賞、全日本中学校長会賞、生命保険文化センター賞の全国賞入賞作品8編を収録しております。

生命保険文化センターのウェブサイトにPDF形式で作品内容が掲載されています。

生命保険文化センターのウェブサイト http://www.jili.or.jp/press/2017/nwl7.html

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-2

    ②お金をふやす

    3つのテーマですが、最初『ふやす』というところから見ていきます。 ふやす時に、ここで大事なのは、『…
  2. 2018-10-4

    住友生命、アクサ生命と提携し介護関連事業に参入

    住友生命保険とアクサ生命保険は共同で、介護施設の紹介などを手掛ける事業を始める。 10月中にも専用…
  3. 2017-2-21

    3.生命保険販売で社会的証明の原理を利用してみる

    社会的証明のもっとも使いやすい例が、「お客さまの声」です。 人は商品を販売している会社側の人間の言…
  4. 2018-1-4

    AIで生む営業戦力(生損保、事務にメス)

    ​​保険各社がデジタル技術による業務の見直しに動いている。 人工知能(AI)を使う技術や事務処理の…
  5. 2018-3-5

    日生、米系生保の買収発表、「経営基盤強固に」

    日本生命保険は2日、中堅のマスミューチュアル生命保険を買収すると正式に発表した。 マスミューチュア…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る