定年延長 シニアに活躍の場 企業の18%が「廃止」「65歳以上」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少子高齢化によって各業界で人手不足が問題となる中、従業員の定年を延長する企業が相次いでいる。

明治安田生命は7月、現行60歳の定年を2019年度から65歳に延長することを決定。

スポンサーリンク


会社が今後も安定的に成長していくためにはシニア層の活躍が不可欠と判断した。

​明治安田生命は、60歳の定年後も希望する職員は65歳まで1年更新で働くことができる嘱託制度があり、7割以上が利用している。

一方、職務が限定されていることや、給与が下がるといった課題があった。

こうした点を踏まえ、社内でシニア層のさらなる活躍を促す仕組みについて検討した結果、定年延長を決定し、7月5日に労働組合と合意した。

定年延長の利点は、シニア層の活躍推進と優秀な人材の流出を防ぐことがある。

営業職員で既に導入している日本生命はその他の内勤職員についても21年度からの導入を目指す方針だ。

(毎日新聞  2017/09/18)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-19

    働く女性、8割「不利」

    ソニー生命保険は18日、女性活動に関するアンケートを実施し、働く女性の79.5%が「女性が社会で働く…
  2. 2018-10-22

    生活習慣病予防サービス、保険、異業種と連携

    生活習慣病の予防サービスで、保険会社が異業種と連携している。 SOMPOホールディングスは東芝と共…
  3. 2017-3-6

    2.相続話題からのアプローチ

    「あなたも考えてみませんか?相続のこと」 募集人:~さん、こんにちは。本日は相続について、発生した…
  4. 2018-10-2

    円建て一時払い保険再開 日生、地銀など24行で販売

    日本生命保険は12日、金融機関を通じて販売する円建ての一時払い終身保険の取扱いを再開した。 ​低金…
  5. 2017-5-16

    第一生命、当期益29%増

    第一生命ホールディングスが15日発表した2017年3月期連結決算は、経常収益が前年比12.0%減の6…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る