定年延長 シニアに活躍の場 企業の18%が「廃止」「65歳以上」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少子高齢化によって各業界で人手不足が問題となる中、従業員の定年を延長する企業が相次いでいる。

明治安田生命は7月、現行60歳の定年を2019年度から65歳に延長することを決定。

スポンサーリンク


会社が今後も安定的に成長していくためにはシニア層の活躍が不可欠と判断した。

​明治安田生命は、60歳の定年後も希望する職員は65歳まで1年更新で働くことができる嘱託制度があり、7割以上が利用している。

一方、職務が限定されていることや、給与が下がるといった課題があった。

こうした点を踏まえ、社内でシニア層のさらなる活躍を促す仕組みについて検討した結果、定年延長を決定し、7月5日に労働組合と合意した。

定年延長の利点は、シニア層の活躍推進と優秀な人材の流出を防ぐことがある。

営業職員で既に導入している日本生命はその他の内勤職員についても21年度からの導入を目指す方針だ。

(毎日新聞  2017/09/18)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-19

    生損保「人材確保は地方で」 相次ぐ機能移転、手厚い誘致策も奏功

    大規模災害に備えたリスク分散を目的に、生損保などが基幹業務の一部を相次いで地方に移転している。 東…
  2. 2017-6-30

    太陽光ファンドに出資 日生100億円大同生命20億円

    日本生命保険と大同生命保険は29日、GEEFSエナジー・ジャパン合同会社が設立した太陽光発電事業向け…
  3. 2017-3-16

    社債投資3年で1.6兆円、明治安田が新中計、医療保険に重心

    ​ 明治安田生命保険は15日、2019年度を最終年度とする3カ年の中期経営計画を発表した。 低金…
  4. 2018-8-21

    欧で保険比較サイト計画 米アマゾン、金融サービス参入視野

    米アマゾン、金融サービス参入視野。 米インターネット通信最大手アマゾン・ドット・コムは、欧州の複数…
  5. 2018-4-27

    日生、ESG投資7000億円 20年度までの目標引き上げ

    日本生命保険は、環境や社会、ガバナンス(統治)に考慮した事業を展開する企業などに投資する「ESG債」…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る