家計の金融資産、過去最高!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家計の金融資産が1880兆円(前年度比3.9%増)となり、過去最高を更新しました。

主な要因は、株式相場の上昇をうけて、株式や投資信託の時価評価額が膨らんだことによるものだそうです。

とはいえ、総務省の報告を見ると、金融資産の増加=家計に余裕がある世帯が増えていると一概には言えなさそうです。

・家計の平均貯蓄額は1820万円と増加傾向にある

・勤労者世帯に限れば平均額は1299万円

・全体の中央値(下から並べて真ん中の金額)は1064万円で、全世帯の3分の2は平均貯蓄額以下。

[参考] 総務省 家計調査報告(貯蓄・負債編)平成28年平均結果速報 二人以上の世帯

平均額と中央値の差が大きいのは、シニア層や一部の高所得層に資産が集中し、平均を押し上げていることによるもので、必ずしもボトムアップが進んでいるわけではなく多くの世帯の家計は決して楽ではありません。

金融庁は「貯蓄から投資へ」を加速させるべく、NISAやイデコ等の取り組みを進めており、こうした制度の活用や貯蓄・投資に対する意識向上は課題です。

ほけんのトータルプロフェッショナル

「自分に合ったマネープランがわからない」といった不安は消えないようです。

教育費はいくらかかるのか・・・

マイホームは持てるのか・・・

今の家計状況で将来大丈夫なのか・・・

こうした不安の解消が必要です。

FPの出番ですよね。

ほけんのトータルプロフェッショナル

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-27

    年代によって変わる女性の健康問題

    ⼥性の健康問題は年齢によっていろいろ起こってきます。 妊娠・出産 不妊症 卵巣がん …
  2. 2017-10-30

    明治安田生命 シニア向け来月発売 医療保険、90歳まで

    明治安田生命保険は26日、最高90歳まで入れるシニア向け医療保険「50歳からの終身医療保険」を12月…
  3. 2018-1-10

    ソニー生命、定期死亡保険の保険料引き下げ

    ソニー生命保険は9日、主力の定期死亡保険の保険料を引き下げると発表した。 2月から4商品、4月から…
  4. 2017-2-27

    6.重要なのは情報の落差

    平成28年5月29日施行の保険業法改正によって、生命保険商品の販売において、比較説明と推奨理由を明確…
  5. 2017-9-22

    仮想ロボ導入 生損保で続々

    保険会社で、定型的な事務作業を自動化するコンピュータプログラム「RPA」の導入が活発だ。​ 日本生…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る