家計の金融資産、過去最高!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家計の金融資産が1880兆円(前年度比3.9%増)となり、過去最高を更新しました。

主な要因は、株式相場の上昇をうけて、株式や投資信託の時価評価額が膨らんだことによるものだそうです。

とはいえ、総務省の報告を見ると、金融資産の増加=家計に余裕がある世帯が増えていると一概には言えなさそうです。

・家計の平均貯蓄額は1820万円と増加傾向にある

・勤労者世帯に限れば平均額は1299万円

・全体の中央値(下から並べて真ん中の金額)は1064万円で、全世帯の3分の2は平均貯蓄額以下。

[参考] 総務省 家計調査報告(貯蓄・負債編)平成28年平均結果速報 二人以上の世帯

平均額と中央値の差が大きいのは、シニア層や一部の高所得層に資産が集中し、平均を押し上げていることによるもので、必ずしもボトムアップが進んでいるわけではなく多くの世帯の家計は決して楽ではありません。

金融庁は「貯蓄から投資へ」を加速させるべく、NISAやイデコ等の取り組みを進めており、こうした制度の活用や貯蓄・投資に対する意識向上は課題です。

ほけんのトータルプロフェッショナル

「自分に合ったマネープランがわからない」といった不安は消えないようです。

教育費はいくらかかるのか・・・

マイホームは持てるのか・・・

今の家計状況で将来大丈夫なのか・・・

こうした不安の解消が必要です。

FPの出番ですよね。

ほけんのトータルプロフェッショナル

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-3

    備える相続税⑥生命保険、一定枠まで非課税

    定期保険が満期を迎えた高齢者らが、銀行の窓口で終身保険(死亡保障が一生涯続く生命保険)の契約を勧めら…
  2. 2017-2-22

    1.法人保険とは

    法人保険へのチャレンジ 法人保険にチャレンジしない理由を聞くと スポンサーリンク …
  3. 2018-3-7

    明治安田が来年4月から 健診結果を提出

    ​明治安田生命保険が、健康状態が良好であれば保険料の一部を払い戻すキャッシュバック制度を来年4月に導…
  4. 2018-11-13

    生保 相次ぎ健康増進型

    ​健康診断や運動を促し顧客に健康になってもらう「健康増進型」の分野に大手生命保険会社が出そろう。 …
  5. 2017-5-8

    外貨建て保険3300億円目標 明治安田 8月から来年3月まで

    明治安田生命の根岸秋男社長は、今年8月から取扱いを始める外貨建て保険について、「2018年3月までに…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る