家計の金融資産、過去最高!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家計の金融資産が1880兆円(前年度比3.9%増)となり、過去最高を更新しました。

主な要因は、株式相場の上昇をうけて、株式や投資信託の時価評価額が膨らんだことによるものだそうです。

とはいえ、総務省の報告を見ると、金融資産の増加=家計に余裕がある世帯が増えていると一概には言えなさそうです。

・家計の平均貯蓄額は1820万円と増加傾向にある

・勤労者世帯に限れば平均額は1299万円

・全体の中央値(下から並べて真ん中の金額)は1064万円で、全世帯の3分の2は平均貯蓄額以下。

[参考] 総務省 家計調査報告(貯蓄・負債編)平成28年平均結果速報 二人以上の世帯

平均額と中央値の差が大きいのは、シニア層や一部の高所得層に資産が集中し、平均を押し上げていることによるもので、必ずしもボトムアップが進んでいるわけではなく多くの世帯の家計は決して楽ではありません。

金融庁は「貯蓄から投資へ」を加速させるべく、NISAやイデコ等の取り組みを進めており、こうした制度の活用や貯蓄・投資に対する意識向上は課題です。

ほけんのトータルプロフェッショナル

「自分に合ったマネープランがわからない」といった不安は消えないようです。

教育費はいくらかかるのか・・・

マイホームは持てるのか・・・

今の家計状況で将来大丈夫なのか・・・

こうした不安の解消が必要です。

FPの出番ですよね。

ほけんのトータルプロフェッショナル

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-8-7

    地方創生支援 静岡県と連携 日生

    ​日本生命保険は10日に静岡県と包括連携協定を締結する。 静岡県の地方創生活動を支援するのが目的で…
  2. 2018-7-18

    東京海上日動あんしん生命、特定病気治療で保険料免除

    東京海上日動あんしん生命保険「メディカルKit R」新プラン 東京海上日動あんしん生命保険は17日…
  3. 2017-2-23

    4.老後の資金構築と生命保険トーク例

    「老後の資金」トーク例 実は、「保険でできること」のうち、一番効果が高いとまで言われているのが「老…
  4. 2017-3-7

    実費カバーの医療保険

    ​実費医療保障タイプの医療保険として、ソニー損保「ZiPPi」、ネオファースト生命「ネオdeちりょう…
  5. 2017-2-24

    ③プレゼンテーション・クロージングのポイントまとめ

    1、必要保障額や見込み客の意向に基づいて設計したプランであることをわかりやすく示し、必要な準備として…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る