FPの立場に加えて、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)の立場を持つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FPとしてお客様とかかわっていく上でお客様の人生に対してリスクマネジメントの提案を行うことは大切です。

「リスク」というと「保険」と繋がりますが、保険相当の資産形成ができればリスクによっては保険の必要性がなくなる可能性も出てきます。

資産形成の方法には、

・保険を活用する方法

・確実に預金を積立てる方法

・有価証券や投資信託を活用する方法

などが挙げられます。



FPの立場に加えて、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)の立場を持つことで、顧客本位の柔軟なアドバイスを行うことは、まさに代理店のあるべき姿の一つではないでしょうか?

株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

お客様の資産形成のアドバイスを行う上で今後、IFAという立場は必要不可欠になると考えます。

お客様に寄り添った顧客本位の業務運営を行う上で、金融のプロとして保険募集人の立場にプラスしてできる仕事を増やしてクライアントの要望に応えていく事ができる。

しかも、日本の保険代理店の20万社に対して、IFAは約0.5%の登録件数でライバル数を考えるとまさにブルーオーシャンの状況です。

すでに保険営業とIFAを両立して乗合代理店を経営するFさんの事例をご紹介します。

生命保険10社を取り扱う傍ら、5年ほど前からIFAにも取り組まれ主に積立投資を案内してきました。

お客様のご要望に応える上では、既存の保険のお客様含めて、投資信託をご案内することで資産形成に対する顧客満足度は大きく上がっています。

投資する額もお客様に合わせて、毎月1万円の方から、5万円、10万円、25万円の方もいらっしゃいます。

毎月の積立投資の積立額が500万円に達した方や、中には一括で2,000万円投資する方もいらっしゃいます。

結果的に経営上の手数料として

◎投資信託の販売手数料

◎投資信託の信託報酬

の2本立てで発生します。

仮に、投資信託の残高に対して継続的に手数料が受け取れて、売買が発生すれば販売手数料も発生します

株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

<保険営業パーソンならではの強み>

・新規に顧客開拓をする必要がない

・貯蓄性の高い商品をご提案できる

・体況の悪い方にも資産形成向きの商品を勧められる

・お客様との接触頻度が高まる

・結果的に保険商品のご提案に繋がる

まさにこれからの時代を生き抜くには、お客様の資産形成のアドバイスを行うことが重要不可欠となるのです。

株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-7

    日生、定年65歳に延長へ

    内勤1万5000人 33年度実施検討​ ​日本生命保険は5日、内勤社員の定年を60歳から65歳に引…
  2. 2017-2-28

    1.生命保険は残されたご家族のその後の生活を支える

    平成26年簡易生命表の概況によると日本の男性の平均寿命は80.50歳、女性は86.83歳となっていま…
  3. 2017-11-10

    分かりやすく

    「パンフレットなどを見やすく改善したことで、2017年上期の問い合わせ数が前年同期に比べ20%減った…
  4. 2017-6-27

    ソニー生命 豪生保の買収検討

    ソニー生命保険は出資する豪生命保険会社クリアビュー・ウェルスの買収を検討する方針だ。​ 経済紙オー…
  5. 2018-4-9

    廃業予備軍127万社

    廃業予備軍127万社。これは経営者が60歳以上で、後継者のいない中小企業の数です。 毎年3万社が後…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る