自分の葬式は必要ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の葬式はいらない。

そう考える人は56%に上った。​

その理由は、お金、しがらみなど様々だ。

葬儀がいると回答した人の中でも、「簡素」「簡略化」という言葉が目に付いた。

静かな幕引きを望む気持ちと、家族に負担をかけたくないという思いがにじむ。

スポンサーリンク


近年葬儀費用は減る方向にはあるが、日本消費者協会が今年公表した葬儀のアンケート結果では、3年以内に葬儀を経験した人のうち回答があった491人の葬儀費用の全国平均は195万7千円。

これに対し、beモニターの皆さんの間では、100万円以下の希望が圧倒的だった。

簡素化の流れもあって一般化してきた家族葬にも、思わぬ誤算が付きもののようだ。

「実父母共にささやかに家族葬を執り行ったが、戒名代や御礼を含めたら計250万円ほどになった」、「父を見送ったとき、後で訃報を知った人が次から次へと家に来て大変だった」。

約4割の人は、葬式の希望を何らかの形で家族に伝えていた。

「家族に任せるという選択肢が最も当事者を困らせる。自分の経験でも、生前に親が決めておいてくれれば余計な神経は使わなくて済んだのにと悩んだ」。

一方、当事者に尋ねられるのははばかられる問題でもある。

いずれにせよ、自分の葬式をシミュレーションすることには限界があるのが確か。

「必要ないと回答したが、『葬式も墓もいらないが、世間のしがらみでそうもいかないだろうな』

 

※beモニターへのアンケートをもとにした企画

(朝日新聞be  2017/09/02)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-7-10

    米成長鈍化でも上昇続く(かんぽ生命保険常務執行役 立花淳氏)

    かんぽ生命が運用体制を大きく変えている。 第一生命と提携してから1年がたち、株式の自家運用に乗り出…
  2. 2017-10-17

    生保大手、システム投資 資産運用高度化下支え 外債・内外株 利回り確保

    資産運用の高度化・多様化を推進するため、大手生命保険各社は相次ぎシステム投資に乗り出す。 日本生命…
  3. 2018-4-3

    活用広がる 生保、健康情報で保険料削減 小売り、店内カメラで行動分析

    ​人の身体的特徴や行動パターンといった「生体データ」を活用した新たなサービスが、保険や小売りの分野で…
  4. 2017-4-6

    SOMPOホールディングス社長櫻田謙悟さん 魅力的な人間に

    皆さんは「EQの高い魅力的な人間になってほしい」と語るのは、​SOMPOホールディングス社長の櫻田謙…
  5. 2018-3-1

    生保タッグで対話強化、日生・第一など10社、投資先に改善促す

    日本生命保険や第一生命保険など生保10社が、投資先企業との対話強化へ連携する。 年度内にも投資先1…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る