自分の葬式は必要ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の葬式はいらない。

そう考える人は56%に上った。​

その理由は、お金、しがらみなど様々だ。

葬儀がいると回答した人の中でも、「簡素」「簡略化」という言葉が目に付いた。

静かな幕引きを望む気持ちと、家族に負担をかけたくないという思いがにじむ。

スポンサーリンク


近年葬儀費用は減る方向にはあるが、日本消費者協会が今年公表した葬儀のアンケート結果では、3年以内に葬儀を経験した人のうち回答があった491人の葬儀費用の全国平均は195万7千円。

これに対し、beモニターの皆さんの間では、100万円以下の希望が圧倒的だった。

簡素化の流れもあって一般化してきた家族葬にも、思わぬ誤算が付きもののようだ。

「実父母共にささやかに家族葬を執り行ったが、戒名代や御礼を含めたら計250万円ほどになった」、「父を見送ったとき、後で訃報を知った人が次から次へと家に来て大変だった」。

約4割の人は、葬式の希望を何らかの形で家族に伝えていた。

「家族に任せるという選択肢が最も当事者を困らせる。自分の経験でも、生前に親が決めておいてくれれば余計な神経は使わなくて済んだのにと悩んだ」。

一方、当事者に尋ねられるのははばかられる問題でもある。

いずれにせよ、自分の葬式をシミュレーションすることには限界があるのが確か。

「必要ないと回答したが、『葬式も墓もいらないが、世間のしがらみでそうもいかないだろうな』

 

※beモニターへのアンケートをもとにした企画

(朝日新聞be  2017/09/02)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-25

    若者の保険離れに危機感 SNS活用した情報発信を検討

    若者の保険離れへの対応策について、生命保険協会の稲垣精二会長との主なやり取りは次の通り。 若者の保…
  2. 2017-3-15

    セカンドオピニオンで助かった、陽子線(先進医療)による膀胱がん治療

    68歳の男性です。膀胱がんと診断され、膀胱全摘術をして人工膀胱を作る必要があるといわれましたが、セカ…
  3. 2018-7-10

    生保協会、高齢者支援団体に資金助成

    生命保険協会は2日、高齢者の健康管理や自立支援に取り組むNPO法人やボランティア団体に計500万円を…
  4. 2017-3-24

    太陽生命 契約者訪問活動1年で2万件超

    太陽生命保険が展開する契約者への訪問活動「かけつけ隊」の利用件数が2016年4月の開始から約1年間で…
  5. 2018-6-11

    外貨保険のリスク説明徹底を

    ​国内の超低金利環境にもかかわらず、主な生命保険会社の業績が堅調だ。 高めの収益が見込める海外運用…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る