新たな付加価値の提供「健康促進型保険」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インシュアテックの発展と増加するニーズへの対応として、健康促進型の保険が増えてきています。

定期的なウォーキングにより還付金がもらえる「あるく保険」(2017年、東京海上日動あんしん生命保険)や

健康診断書を提出し、基準値内であれば保険料が割引される特約のある「ジャスト」保険(2018年、第一生命)

そして直近では、1997年に南アフリカのディスカバリー社が開発した健康増進型保険Vitalityが住友生命から7月に発売されました。

これは、健康状態を共有するだけではなくIoTのウェアラブル端末などを用いて 日々の健康への取り組み状況などから総合的にステータスを判定、そのステータスに応じた割引や特典を受けられるというしくみです。

利用者は結果的に、健康的な生活を送ることを心掛けるようになり家計も縮小できるということになります。

日本は世界でも有数の長寿国家ですが、健康寿命と平均寿命には10年前後の隔たりがあり、社会保障費も年々増加の一途をたどっています。

もしもの事態に備えるだけではなく「もしも」を減らす取り組みともいえますね。

更に、利用者が健康になることは保険会社の収益性の向上にも繋がりますので、様々なメリットから、今後も健康促進型保険は増加していくと予想されます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-1

    1.社長の生命保険の加入目的

    生命保険の販売について、法人のライフサイクルに着目し、その時期の法人はこういうリスクやニーズがあり、…
  2. 2017-10-26

    ふるさと納税で、税制優遇メリットを活用しませんか?

    資産を形成するにあたって、支出を減らして手元に残るお金を増やすことは重要な要素です。 その支出の中…
  3. 2017-9-4

    自分の葬式は必要ですか?

    自分の葬式はいらない。 そう考える人は56%に上った。​ その理由は、お金、しがらみなど様々…
  4. 2018-5-18

    喜んでもらえる「みまもり」へ

    郵便局員が独居高齢者を毎月訪ねる「みまもり訪問サービス」を2017年10月に全2万直営局で始めた日本…
  5. 2018-5-31

    生保、外債運用に活路、前期、第一生命など13グループ増益

    国内の主な生命保険会社16グループの2018年3月期決算が25日、出そろった。 マイナス金利政策に…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る