新たな付加価値の提供「健康促進型保険」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インシュアテックの発展と増加するニーズへの対応として、健康促進型の保険が増えてきています。

定期的なウォーキングにより還付金がもらえる「あるく保険」(2017年、東京海上日動あんしん生命保険)や

健康診断書を提出し、基準値内であれば保険料が割引される特約のある「ジャスト」保険(2018年、第一生命)

そして直近では、1997年に南アフリカのディスカバリー社が開発した健康増進型保険Vitalityが住友生命から7月に発売されました。

これは、健康状態を共有するだけではなくIoTのウェアラブル端末などを用いて 日々の健康への取り組み状況などから総合的にステータスを判定、そのステータスに応じた割引や特典を受けられるというしくみです。

利用者は結果的に、健康的な生活を送ることを心掛けるようになり家計も縮小できるということになります。

日本は世界でも有数の長寿国家ですが、健康寿命と平均寿命には10年前後の隔たりがあり、社会保障費も年々増加の一途をたどっています。

もしもの事態に備えるだけではなく「もしも」を減らす取り組みともいえますね。

更に、利用者が健康になることは保険会社の収益性の向上にも繋がりますので、様々なメリットから、今後も健康促進型保険は増加していくと予想されます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-31

    がん保険料、企業負担 社員の治療・検診も 仕事続ける環境支援

    がんにかかる従業員の負担を企業がまかなう動きが出ている。 日立キャピタル損害保険は保険料を企業が負…
  2. 2018-2-8

    健康になると保険料一部還元、ひまわり生命

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は4月に、健康になると保険料を一部還元する収入保障保険を発売する…
  3. 2018-5-7

    「健康増進」企業対象に 団体保険を「割引」 メンタル含め障害所得補償

    「健康経営」を実践する企業に対し、「団体長期障害所得補償保険」(GLTD)を割引 損保ジャパン日本…
  4. 2017-2-27

    2.クロスセルを考えて行動する

    生命保険の販売では、商品を売るというよりもお客さまの人生をサポートするといった大きな使命感が必要です…
  5. 2017-4-7

    利益、海外比率倍に 明治安田、10年後めど15%

    ​明治安田生命の根岸秋男社長は6日、「10年後をめどに利益に占める海外事業の割合を15%程度まで高め…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る