収入ダウンの崖、3回来る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

定年後、収入が減る時期は3回あります。

定年後の収入が減るわかりやすいイメージとして、「収入ダウンの崖」​があると考えるとよいでしょう。

最初の崖は、定年の60歳の時です。

今の50代の人が年金を満額受け取れるのは65歳から。

ですので、ほとんどの人は65歳までは、再雇用で何らかの仕事をすることになるでしょう。

2回目の崖は、年金生活に入る65歳の時です。

公的年金の額は人により異なりますが、厚生労働省のモデル額では、40年間サラリーマンだった男性で年約190万円程度(老齢厚生年金と老齢基礎年金)。

現役時代の給与が若い頃からかなり高かった人でも、年240万円前後です。

配偶者がいる場合は、配偶者の年金も世帯年収に加わります。

専業主婦の期間が長い妻の場合、年金額は「老齢基礎年金+α(働いていたときの厚生年金)」で、目安は80万円前後です。

共働きで厚生年金に入っている妻の場合、年金額は給与や働いていた期間によって変わりますが、年120万~180万円の範囲となるのが一般的です。

年金額は、誕生月に日本年金機構から送られる「ねんきん定期便」で確認できます。

50歳を過ぎると「今の給与水準のまま60歳まで働く」前提の額が表示されるので参考にしましょう。

そして、配偶者がいる人には、3回目の崖があります。

配偶者が亡くなった時です。

配偶者が亡くなった後、年金収入で足りない分の貯蓄の取り崩しは増えやすいことを念頭に置いておきましょう。

(朝日新聞 2018/02/26)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-27

    長引く低金利…、生保各社の外債投資拡大が鮮明に

    国内の長引く低金利環境が生命保険会社の資産運用を外国債券に向かわせている。 国内主要生命保険9社の…
  2. 2017-2-27

    女性の活躍支援多様化

    リース各社、働き方柔軟に​ リース各社が取り組む女性活躍推進の中身が多様化してきた。従来の女性活躍…
  3. 2017-3-3

    ⑥傷病手当金

    傷病手当金について確認していきます。こちらは国民健康保険にはございません。 ではどのような制度でしょ…
  4. 2017-6-27

    第一生命HD 保険とIT融合 最優先で推進

    第一生命ホールディングスは26日、都内で定時株主総会を開いた。 稲垣精二社長は「インステック(保険…
  5. 2017-6-29

    認知症支える保険続々(メットライフや東京海上)

    ​認知症を対象とした商品を保険会社が充実させている。 ​メットライフ生命は7月、認知症と診断された…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る