備える相続税⑥生命保険、一定枠まで非課税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

定期保険が満期を迎えた高齢者らが、銀行の窓口で終身保険(死亡保障が一生涯続く生命保険)の契約を勧められるケースが増えています。

死亡保険金は「遺産分割」と「相続税」の取り扱いが他の財産とは違い、相続税対策に役立つことも理由の一つだと考えられます。

遺産分割を行う際に、死亡保険金は亡くなった方の財産に含まれません。

法律上、亡くなった方が保険料を払っていても、保険金は保険会社との契約で「受取人」に指定されている人の財産になるからです。

そのため、法廷相続分や遺留分といった取り分とは別枠で、受取人は保険金を受け取れます。

ただし、死亡保険金は亡くなったことに伴い支払われるので、税務上は相続税の対象となります。

それでも、死亡保険金は「500万円×法定相続人数」まで相続税が非課税となります。

非課税枠があるため、同じ金額を預金で残すより得になるのです。

(朝日新聞 2018/09/02)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-3

    遺伝情報の取り扱い、生保7社に規定・指針なし

    遺伝子検査結果や家族の病歴などの遺伝情報 保険の加入に当たって遺伝子検査結果や家族の病歴などの遺伝…
  2. 2018-4-5

    日生、AI深層学習機能で資産運用

    日本生命保険の社長に1日付で就任した清水博氏は4日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ…
  3. 2017-2-27

    1.会う回数が多いほど親しくなる

    これは有名なザイオンス効果といわれるものですね。 人は人と出会う回数が多くなればなるほど、緊張せず…
  4. 2018-5-31

    保険契約、暴排で解除「有効」 高裁岡山支部判決

    ​保険会社が約款に含まれる暴力団排除条項に基づく保険契約を解除有効 ​保険会社が約款に含まれる暴力…
  5. 2018-1-18

    生保、営業に先端技術

    生命保険会社が人工知能(AI)やビッグデータを使った営業の高度化に取り組んでいる。 先端のテクノロ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る