iPS心臓治療 臨床承認 世界初筋肉細胞移植

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省の再生医療等評価部会は16日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心臓の筋肉細胞をシート状にして重症心不全患者の心臓に移植する大阪大の臨床研究計画を条件付きで承認した。

iPS細胞を使った心臓病の臨床研究は世界初。

近く厚労相が研究実施を認める通知を出し、年度内にも最初の患者に移植される。

同大の澤芳樹教授(心臓血管外科)のチームが今年3月に届け出ていた。

iPS細胞を使った移植の臨床研究が承認されたのは3件目。

これまでの2件は理化学研究所などのグループが目の難病に実施中のもので、移植した細胞の数も数十万個だった。

今回の心臓病の臨床研究は約1億個と移植する細胞数が大幅に増える。

iPS細胞はがん化の恐れがあり、安全性の確認が重要になる。

承認された臨床研究計画は、血管が詰まって血液が十分に届かず心臓に障害が出る虚血性心筋症の患者が対象。

18歳以上80歳未満の3人に、他人のiPS細胞から作った2枚の心筋の円形シート(厚さ0・05ミリ、直径数センチ)を心臓表面に張り付ける。

がん化や免疫拒絶反応などに対する安全性を調べる。

iPS細胞は京都大iPS細胞研究所が備蓄するものを使用。

シートは3カ月で細胞が死んで消失するとされ、免疫抑制剤を段階的に減らす。

動物実験では消失しても心機能の改善が確認されているという。

研究チームは既に患者自身の脚の筋肉細胞から作製する細胞シートを開発し、2015年に国から条件付きで再生医療製品として承認を受けている。

シートから出るたんぱく質が心臓の働きを改善するとみられ、iPS細胞の方がより高い効果が期待できるという。

厚労省の部会は、臨床研究患者の対象を厳しくすることなどを条件に認めた。

(毎日新聞 2018/05/16)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-23

    就業不能保険への参入相次ぐ

    ​病気やケガなどで働けなくなると保険金が出る「就業不能保険」への生命保険各社の参入が相次いでいる。 …
  2. 2017-5-15

    必要な保険とは リタイア後 優先度を点検

    リタイアした高齢者の主な所得は年金になります。 高齢者世帯の6割は年金だけで暮らしており、年金プラ…
  3. 2017-12-22

    生保、乗り合い代理店への上乗せ報酬自粛

    生命保険協会が、複数の保険を扱う「乗り合い代理店」に対して通常の手数料とは別に支払う上乗せ報酬を自粛…
  4. 2017-11-13

    くらしナビ ライフスタイル 保障対象広がる団信

    住宅ローンを組む際、セットで加入する団体信用生命保険(団信)が多様化している。 基本とする死亡・高…
  5. 2018-3-20

    ミャンマーに駐在員事務所 日生

    日本生命保険は19日、ミャンマーに駐在員事務所を設立すると発表した。 ​シンガポールの現地法人を通…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る