100年設計図(4)長生きとお金―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

90歳でも入れる終身医療保険。

治安田生命保険が2017年12月に発売した少し常識外れの保険が、健康に不安がある中高年層でちょっとしたヒットになった。

契約者は4割が70歳以上。「これほど引き合いがあるとは」。

担当者は思わぬ商機に驚きを隠せない。

スポンサーリンク

月35万円必要

単なる老後ではなく、ゆとりある老後に。

生命保険文化センターの調べでは、「ゆとり」を得るには毎月35万円ほどいる。

65歳で退職して85歳まで過ごすには8400万円。

金融広報中央委員会の調査で老後の生活が心配と答えた世帯は87%弱にのぼる。

「公的年金だけでは不安ですよね」。

老後の資産運用を手掛ける金融機関は、早く亡くなった人の保険料を残る人の財源に回すトンチン年金の販売に力を入れる。

日本生命保険が16年春に始めてから5社が追随し、日本経済新聞社が推計した契約者は計5万5千人程度と出だしは良い。

普及するには課題もある。

トンチン年金は亡くなるまで年金を受け取れるが、毎月の保険料は一般に4万円以上かかる。

払い込む保険料の元を取れるのは90歳を超えてからという場合が多い。

(日本経済新聞 2018/03/16)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-14

    「生命保険販売の心理学」「選ばれる営業」「勝者の選択 ニーズコンサルティングセールス」

    「生命保険販売の心理学」 「生命保険販売の心理学」~人の心を動かし購買行動を喚起する法則 内…
  2. 2018-5-18

    保障性商品の充実急ぐ 明治安田生命社長 根岸秋男氏

    明治安田生命保険は、2017年に始めた中期経営計画が2年目に入った。 18年3月期連結決算は米国子…
  3. 2017-4-17

    明治安田生命 女性管理職2割超える

    明治安田生命保険は管理職全体に占める女性の割合が4月1日時点で21.2%になった。​ ​2016年…
  4. 2017-3-22

    生保、国内外でM&A

    新中計 成長基盤を構築 ​大手生命保険2社の新たな中期経営計画が2017年度から始まる。日銀のマイ…
  5. 2018-5-31

    日生、代理店向け新会社 保険商品の供給専門に

    日本生命保険は24日、保険の販売代理店に生命保険商品を供給する新たな生保会社の準備会社「ニッセイ生保…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る