乳腺症と乳がんの違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳腺症とはどのような病気か?

乳腺症とは、エストロゲンという卵巣から分泌される女性ホルモンが1カ月周期で変動することにより、乳腺の組織が増殖・繊維化した結果、大小様々な大きさのしこりが生じる病気です。

スポンサーリンク


また、乳腺症は悪性腫瘍の「乳がん」とは異なる良性の腫瘍のため、罹患したからといって必要以上に心配する必要はありません。

女性ホルモン分泌の変動期間が長いほど症状が出る病気のため、30代後半から40代の女性に多くみられます。

乳腺症の特徴

・しこりがゴムやスーパーボールのように柔らかい

・押すと痛みがある

・生理周期により症状が変化する

乳がんの特徴

・しこりが石のように硬く弾力がない

・動きがなく、痛みもない

・生理周期により症状が変化することはない

乳房にしこりがあると「乳がんかも…」と不安になります。

しかし、乳がんではなく乳腺の病気である可能性もあります。

その代表的なものが「乳腺症」です。

それぞれ別の疾患のため、原則的には乳腺症が原因で乳がんに進行することはないものと考えられています。

健康医療相談サービス

乳腺症だと思っていたが実は乳がんであるという可能性もゼロではありません。

やはり、病院で検査をしなければ正しく判断できませんので、気がかりな場合は自己判断はせず、必ず病院へかかるようにしましょう。

ただその前に、健康医療相談ができると安心ですよね。

最近の医療保険には、無料で健康医療相談サービスが付加されているものが多くあります。

健康の悩みは専門家に聞くのが一番ですね。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-12-7

    生保 海外子会社トップに聞く

    長引く低金利などから2010年代に相次いだ生命保険大手の海外での同業買収。 当時は「高い買い…
  2. 2018-7-31

    認知症保険に大手損保参入 高齢化で市場拡大見込む

    東京海上日動火災保険は、シニア層に人気のある「認知症保険」に新たに参入する。 損保ジャパン日本興亜…
  3. 2018-6-7

    日生、SDGsファンドに50億円投資

    ​日本生命保険は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に関連した企業の株式で運用するファンドに50億…
  4. 2018-5-7

    健康診断の提出で2割引きも。大手参入で「健康増進保険」は広がるか

    定期的な運動など健康を増進させる活動にインセンティブを与える新型の生命保険が、2018年度に本格普及…
  5. 2017-7-7

    夏のボーナス1万円増 日生調査 人手不足を反映

    ​日本生命が6日発表した夏のボーナスに関する調査結果によると、平均支給額は51万5000円で、前年実…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る