やる気を起こす3つの原則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人は努力をして成果をだし、その成果が人を動機づけ、動機づけられると、さらに努力をするものです。

私が住んでいる地方の市に、自治体の教育課が運営する文芸誌があります。年に1回、市民から募集した作品を集めて文芸雑誌を発行しています。昨年投稿した私の小説が、入選してその文芸誌に載り、昨日自宅に、出来上がったばかりの雑誌が届きました。実は、投稿さえすれば市民であれば載せてくれるそうなのです。

スポンサーリンク


しかし、選者の論評が、結構辛口で、「題名と最後のまとめ方に自己満足が見え見え」、書き振りには、「軽妙なタッチで読み進めやすい」とありましたが、「登場人物の心理の深堀が甘い」、などとあり、愕然としました。

冷静になって選評を読み直すと、よく読んでいただいていることが伝わり、「なるほどその通り」、自己満足、自己肯定が前面に出ていて、さあこれなら読み手も感動するはずという気持ちが、文章のそこそこに出ていました。恥ずかしい限りで、選者の的確な指摘に感謝しました。そして、今年も書いてみるか、という気持ちになったのです。

人は努力をして成果をだし、その成果が人を動機づけ、動機づけられると、さらに努力をするものです。私をまた動機付けしてくれたのは、選者の辛口で的確なコメントです。

やる気が起きるためには3つの原則があります。

1つ目は、自分が考えていること、言うこと、そして行動することの間に完全に食い違いがないことです。

2つ目は、自分で責任が取れるということです。行動の結果に対する責任の所在が、最初からはっきりとしていて、分かりやすいことです。

3つ目は、早く成果を出すことです。小さな成果でも早くそれが見えなければ、モチベーションは継続しないものです。

私たちのセールス活動は、組織に所属していたとしても、ほとんど個人活動です。1人ひとりがより賢く、強くなければ生き残れないのです。個人として「やる気」を起こし、長く継続させる必要があります。簡単な解決策や、ゆるやかな行動計画では、決して目標は達成できないのです。

スポンサーリンク


「やる気」を継続させることができれば、当然成果が上昇し、目標を達成し続けることができ、個人としての、「ブランド」が確立されます。「ブランド」は、長期的な利益と成長につながるものです。ブランドはマーケティングの小手先の仕掛けなどではありません。

テクニックに人は付いてこないものです。

本来、人がやる気を起こすのは、マージンが1%上ったときではありません。お金のことは、もちろん大きな要因にはなりますが、人が意欲をかき立てられるのは、自己成長しているときで、それは、新しいマーケットに参入するときであり、新たな課題に挑戦するときです。こうした状況にあるとき、人は非常に発奮します。

自分を常にそういう状況に追い込んでいくことは、仕事を楽しむには実に効果的だといえます。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-6

    住友生命保険 短期投資でも利益逃さず

    日銀のマイナス金利政策について、 藤戸専務は「プラスに働いた点も多い」、「運用はどんな市場環境でも…
  2. 2017-3-28

    生保、中小企業向け強化 成長市場 新商品投入

    生命保険各社が、中小企業向けの営業強化に乗り出している。 これまで大同生命やエヌエヌ生命が市場をリ…
  3. 2017-2-24

    ②必要保障額シミュレーションと提案書のポイント

    必要保障額シミュレーションと提案書のポイントですが、まず、ここで思い出していただきたいのが、営業セオ…
  4. 2018-7-11

    金融庁新長官、多難な船出 遠藤氏、地銀改革踏襲も独自色出せるか

    ​金融庁長官への昇格が決まった遠藤俊英監督局長にとって、森信親長官が進めてきた地銀改革が引き続き大き…
  5. 2017-2-28

    6.営業サイクルの本当の意味

    営業サイクルの流れ 1.見込客づくり 生命保険営業にとって最も重要。 2.アポイントメ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る