公的保険徹底マスターの重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年金の受給開始年齢が70歳以上となる可能性が現実的になってきました。

政府は原則65歳としている(60~70歳の間で変更も可)受給開始年齢について、開始時期の選択肢に70歳オーバーも盛り込んだ「高齢社会対策大綱」の見直し方針を示しているそうです。

人生100年時代となり、死亡より“長生きリスク”が深刻化したことで、ライフプランはより長期的な目線で考える必要性が高まっています。

長い老後を安心して迎えるには、公的年金を「いつから」「いくら」受け取れるのか?を正しく知ることが重要です。

資格対策ドットコム

学び直したい。

・もっと深く公的保険のことを知りたい

・最新の制度のことを学びたい

・受給年齢が60歳、65歳、70歳で年金額はどのぐらい変わるのか?

・収支のバランスを考えたら何歳まで働くのがいいのか?

・家族のライフプランはどう考えるのか?



シニアライフプランを考える上で、公的保険の知識は重要なファクターになります。

特に今年は配偶者控除の制度が改正されたり、つみたてNISAが始まったりと、日々のマネープランに密接に関わるトピックもいくつかあります。

FPとして更なる差別化を目指す一助に、公的保険の知識をもう一度しっかり学んでみませんか?



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-25

    保険会社が家事代行紹介(商品の付帯サービスに)

    ​​保険会社が家事代行会社と提携したというニュースを聞きました。 どんな意味があるのでしょうか。 …
  2. 2017-7-13

    週休3日 育児や介護に SOMPO傘下の生保 9月から

    ​SOMPOホールディングス傘下の損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は9月から、育児や介護を抱える…
  3. 2018-7-12

    体重減らして保険料安く

    人生はいつも順風満帆とは限らない。 思わぬ病気やけがで入院したり、介護を受けるようになったり。ライ…
  4. 2017-11-20

    KDDIが株買い増し ライフネット生命

    「au」ブランドで携帯電話事業を展開するKDDIは17日、資本・業務提携するライフネット生命の株式を…
  5. 2017-2-21

    2.ダンドリと目標設定

    人は本当に望むことを実現したいときは、具体的に行動を考え、検討し、入念な準備をします。 この準備の…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る