公的保険徹底マスターの重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年金の受給開始年齢が70歳以上となる可能性が現実的になってきました。

政府は原則65歳としている(60~70歳の間で変更も可)受給開始年齢について、開始時期の選択肢に70歳オーバーも盛り込んだ「高齢社会対策大綱」の見直し方針を示しているそうです。

人生100年時代となり、死亡より“長生きリスク”が深刻化したことで、ライフプランはより長期的な目線で考える必要性が高まっています。

長い老後を安心して迎えるには、公的年金を「いつから」「いくら」受け取れるのか?を正しく知ることが重要です。

資格対策ドットコム

学び直したい。

・もっと深く公的保険のことを知りたい

・最新の制度のことを学びたい

・受給年齢が60歳、65歳、70歳で年金額はどのぐらい変わるのか?

・収支のバランスを考えたら何歳まで働くのがいいのか?

・家族のライフプランはどう考えるのか?



シニアライフプランを考える上で、公的保険の知識は重要なファクターになります。

特に今年は配偶者控除の制度が改正されたり、つみたてNISAが始まったりと、日々のマネープランに密接に関わるトピックもいくつかあります。

FPとして更なる差別化を目指す一助に、公的保険の知識をもう一度しっかり学んでみませんか?



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-16

    アフラック社長古出真敏氏、事業戦略にスピード感

    アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が今月から、日本法人化し「アフラック生命保険」として再スタ…
  2. 2017-2-24

    ②申込手続きとポリシーレビューで注意するポイント

    1.申込手続きが負担にならないようにする 生命保険のお申込み手続きは、一般的に説明が必要な書類やご…
  3. 2017-3-10

    承認欲求って、結構強いもんだよ

    会社の中には、長やリーダーがいます。 この人たちを中心に、いろいろなプログラムが組まれ、仕事が進行…
  4. 2018-5-8

    「サバティカル休暇」制度に注目

    サバティカル休暇制度が注目されています。 一定期間勤続した社員に1ヶ月~1年程度の長期休暇を与える…
  5. 2017-3-6

    1.生前贈与の必要性

    相続税と贈与税について 財産を相続すると、その財産には相続税が課税されます。そのため、相続税の負担…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る