公的保険徹底マスターの重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年金の受給開始年齢が70歳以上となる可能性が現実的になってきました。

政府は原則65歳としている(60~70歳の間で変更も可)受給開始年齢について、開始時期の選択肢に70歳オーバーも盛り込んだ「高齢社会対策大綱」の見直し方針を示しているそうです。

人生100年時代となり、死亡より“長生きリスク”が深刻化したことで、ライフプランはより長期的な目線で考える必要性が高まっています。

長い老後を安心して迎えるには、公的年金を「いつから」「いくら」受け取れるのか?を正しく知ることが重要です。

資格対策ドットコム

学び直したい。

・もっと深く公的保険のことを知りたい

・最新の制度のことを学びたい

・受給年齢が60歳、65歳、70歳で年金額はどのぐらい変わるのか?

・収支のバランスを考えたら何歳まで働くのがいいのか?

・家族のライフプランはどう考えるのか?



シニアライフプランを考える上で、公的保険の知識は重要なファクターになります。

特に今年は配偶者控除の制度が改正されたり、つみたてNISAが始まったりと、日々のマネープランに密接に関わるトピックもいくつかあります。

FPとして更なる差別化を目指す一助に、公的保険の知識をもう一度しっかり学んでみませんか?



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-11

    外貨建て養老保険改定 三井生命

    三井生命保険は10日、10月に外貨建ての一時払い養老保険「ドリームロード」を改定すると発表した。 …
  2. 2017-5-9

    トップは語る ひまわり生命

    ~ ​利益と保有契約 20年代早期に倍増 ~ 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険社長 高橋 薫さ…
  3. 2018-8-7

    地方創生支援 静岡県と連携 日生

    ​日本生命保険は10日に静岡県と包括連携協定を締結する。 静岡県の地方創生活動を支援するのが目的で…
  4. 2017-5-25

    生保4社2.7兆円減収

    ​日本生命など大手4社の2017年3月期決算は、売上高に当たる国内の保険料等収入が前の期に比べ16%…
  5. 2017-6-2

    株主総会賛否 進む開示 信託銀や生保 投資先個別に 「顧客優先」強調

    ​信託銀行や生命保険会社など、顧客から預かったお金を企業に投資して運用する「機関投資家」が、投資先の…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る