心が動かなければ、購入しない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人の心が動くときには理由があります。

重大な事件に出くわして驚いたとき、身内に幸せな出来事があったとき、会社で同僚からとても親切にされたとき、映画を見ていて感動したときなども含めて、人の心が動くときには、何らかの心理的要素が絡んでいるはずですし、それは日常活動の中で頻繁にあると思います。

人の心が動く理由を解明したものが心理学です。

ビジネスでは必須の学問となります。

生命保険営業の世界でも、心理学は過去の優秀な先輩達の努力によって、すべての活動プロセスの中に、そして定番となっている話法の中にも取り入れられています。

⇒ 「生命保険販売の心理学」~人の心を動かし購買行動を喚起する法則

生命保険営業では、お客さまに生命保険という商品を購入してもらわなくてはなりません。

心理学を知っていればお客さまを商品購買へと効果的に導くことができるのです。

人は、いろいろな商品を購買するに当って、自分の意志で決めたいという強い意思を持っています。
他人から「買うべきです」「買ってください」などと言われても、誰もお金を払ってくれません。

しかし、人の購買心理や潜在している深層心理に基づいて導いてあげることができれば、お客さまは商品を購入するために、気持ちよくお金を払ってくれるのです。

⇒ 「生命保険販売の心理学」~人の心を動かし購買行動を喚起する法則

しかし、生命保険営業の募集人の大半が、一部習っている人もいるはずなのに、ほとんどの人は心理学に基づいて営業活動を行わないため、たくさんの成果を挙げれない人が多いのが現実です。

ただし、今から本を読んで学生のように勉強をする必要はありません。人

が人に物を売るということは、お互いの心理が揺れ動く中でコミュニケーションを深める行為です。

学問的に勉強するというよりも、相手をよく観察すること、ヒアリング能力を高めることなどが重要です。

人はテクニックで商品は購入しません。

自分の心が動いて始めて購入にいたるのです。

それは社会生活の中で、意識さえしていれば学べることです。

誰でも知らず知らずのうちに、恋愛や親子関係や教育の場面で実感しているはずなのです。

街の書店に行けば、「恋愛心理学」や「ビジネス心理学」など、いろいろなタイトルをつけて並んでいると思います。

人間関係のテクニックを扱う本は全ては心理学に基づいています。

生命保険の販売では、何度も言いますが1対1の人間関係の中で商品を購入していただくわけですから、人と人が関わる部分を何とか改善させたい場合、とにかく心理学を勉強すべきです。

⇒ 「生命保険販売の心理学」~人の心を動かし購買行動を喚起する法則

 

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-6

    早帰り 半数近くが「困る」 朝日生命調査 「満足な仕事できない」「残業代減」

    ​働き方改革で早く帰宅する傾向が強まる中、「仕事が満足にできない」「収入が減る」などで半数近くの人が…
  2. 2017-11-27

    生保7社 18%増益(円安・株高で配当収入増)

    主な生命保険会社の2017年4~9月期決算が24日出そろった。 主要7グループの本業のもうけを示す…
  3. 2018-7-11

    アクサ生命、医療保険に支援メニュー 病気の重症化・再発予防

    ​​アクサ生命保険は10日、保険の引き受け基準を緩和した限定告知型終身医療保険「スマート・ケア wi…
  4. 2017-2-27

    3.人がやらないことをやることが、希少性

    生命保険という商品は、「この商品はいつでも購入できる」と思われています。 それは通常のビジネスでは…
  5. 2018-1-15

    貯蓄型保険販売 外貨建てを軸に(明治安田生命)

    明治安田生命保険は、今後の貯蓄型保険の販売の主力を「外貨建て」に移す方針だ。 円建ての貯蓄型保険は…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る