したほうが良いか、しないほうが良いか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

責任を取れる仕事をたくさん持ったほうが、前向きに楽しく仕事ができると思っています。

だから、やってみて失敗ということは往々にしてあるけれど、後悔するとすれば、何かを「した」ことによって生み出される失敗などの後悔はすっきりします。何かを「しなかった」ことによって生み出される後悔は、きついですよね。尾を引きます。

スポンサーリンク


思ったけどしなかったというのは、つまり、不完全燃焼であり、逃げであり、自分の器を小さくしてしまうことにつながります。素敵な女性に告白して断られるのと、告白しないで長い間悶々としてしまうことのような差です。結果が出るのと結果が出ないのでは、次への進むスピードや勢いが全く違います。

行動してからの後悔は、自分でけじめをつけることができる。自分で責任が取れるということです。

スポンサーリンク


ところが、行動しないという後悔は、勇気を出しさえすれば、うまくいったかもしれないという後悔にさいなまれつづけるのです。責任を取るためには、行動をしなければならないのです。

責任の取れる仕事を選んで行動していこう。そこで起きる、ミスもクレームも、すべて自分で処理をしなければならない。最初は小さな仕事ばかりかもしれないし、あるプロジェクトチームの一員だとしても、自分の任されている仕事の範囲をはっきりさせれば、その部分の責任は取れるはずです。

そうやって、責任の所在を明確にして、物事に取り組んでいくと、いつも自分の出した結果が、露わになってきます。自分の気持ちも、周囲からの評価も、非常にすっきりとしたものになります。「いつも何らかの結果を出す人」「必ず責任を取る人」というように言われるようになります。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-19

    第一生命、米VB支援企業と提携

    第一生命保険が米シリコンバレーでベンチャー企業の支援を手掛けるプラグアンドプレイと提携したことが18…
  2. 2018-8-3

    明治安田生命、就業不能保障 精神障害に備え

    団体総合就業不能保障保険 明治安田生命保険は1日、ケガや病気で働けなくなった場合に毎月の生活費を保…
  3. 2017-4-13

    ほけんの窓口グループ 100%お客さまを主役・主人公として「お客さまのご意向」を承ることから仕事が始まる

    主に来店型保険ショップを手がける。 「100%お客さまのご意向」を承ることから仕事が始まる」がモッ…
  4. 2018-4-23

    精神疾患 予兆も保障 増える患者、保険柔軟に

    厳しい労働環境などでストレスを感じ、心身のバランスを崩す「精神疾患」に備える保険が充実してきた。 …
  5. 2017-2-21

    3.生命保険販売で社会的証明の原理を利用してみる

    社会的証明のもっとも使いやすい例が、「お客さまの声」です。 人は商品を販売している会社側の人間の言…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る