したほうが良いか、しないほうが良いか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

責任を取れる仕事をたくさん持ったほうが、前向きに楽しく仕事ができると思っています。

だから、やってみて失敗ということは往々にしてあるけれど、後悔するとすれば、何かを「した」ことによって生み出される失敗などの後悔はすっきりします。何かを「しなかった」ことによって生み出される後悔は、きついですよね。尾を引きます。

スポンサーリンク


思ったけどしなかったというのは、つまり、不完全燃焼であり、逃げであり、自分の器を小さくしてしまうことにつながります。素敵な女性に告白して断られるのと、告白しないで長い間悶々としてしまうことのような差です。結果が出るのと結果が出ないのでは、次への進むスピードや勢いが全く違います。

行動してからの後悔は、自分でけじめをつけることができる。自分で責任が取れるということです。

スポンサーリンク


ところが、行動しないという後悔は、勇気を出しさえすれば、うまくいったかもしれないという後悔にさいなまれつづけるのです。責任を取るためには、行動をしなければならないのです。

責任の取れる仕事を選んで行動していこう。そこで起きる、ミスもクレームも、すべて自分で処理をしなければならない。最初は小さな仕事ばかりかもしれないし、あるプロジェクトチームの一員だとしても、自分の任されている仕事の範囲をはっきりさせれば、その部分の責任は取れるはずです。

そうやって、責任の所在を明確にして、物事に取り組んでいくと、いつも自分の出した結果が、露わになってきます。自分の気持ちも、周囲からの評価も、非常にすっきりとしたものになります。「いつも何らかの結果を出す人」「必ず責任を取る人」というように言われるようになります。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-11-6

    アクサ生命 年80億円投資へ、病気予防や再発防止で日本は草分け

    アクサ生命保険は日本事業拡大へ年80億円の投資を続ける。 高齢化の中で蓄積する病気予防といったノウ…
  2. 2017-6-2

    ビッグデータ専門家を争奪

    大量の情報を収集・分析する「ビッグデータ」の活用が、保険業界に広がってきた。 ドライブレコーダーの…
  3. 2017-2-24

    富国生命が無許可保育所手当増額

    富国生命保険が、認可外保育所に子供を通わせる女性の新人営業職員を対象に支給している月額5,000円の…
  4. 2017-3-5

    行動基準を「自分」から「相手」に変えると・・・!?

    日米の交通マナーの差 1.信号の無い横断歩道に人が立っている場合、日本では止まらない車の方が圧倒的…
  5. 2017-4-21

    「生命保険販売の心理学」~心が動けば欲しくなる

    生命保険販売の心理学 人の心を動かし購買行動を喚起する はじめ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る