「サバティカル休暇」制度に注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サバティカル休暇制度が注目されています。

一定期間勤続した社員に1ヶ月~1年程度の長期休暇を与える制度のことで、あくまでも休暇のため、復帰場所が確保された状態で長期間休めるのが最大の特徴と言えます。

欧米では広く普及しており、

・海外留学・ボランティアに従事する

・大学など専門機関で学ぶ

など短期休暇では難しい経験を積んで、スキル・キャリアの向上だけでなく“人生を豊かにするための休暇”として期待されています。

日本は有給取得率の低さに見られるように休暇への抵抗感が欧米に比べて強いためこうした休暇制度もあまり注目されていませんでしたが、昨今の働き方改革の波を受けて経済産業省の有識者研究会でもサバティカル制度の導入が推奨されていると言います。

日本50%、イタリア75%、フランス・スペイン100%

(参考:有給(有休)取得率 エクスペディアジャパン)

http://a11.hm-f.jp/cc.php?t=M36211&c=25577&d=8c47

企業にとって、ただでさえ人材は売り手市場なのに積極的な長期休暇は支援しにくいという声も出てきそうですが、欧米の事例では、代替人材に失業者を充てて雇用創出につなげていたり日本においても、介護離職の防止や東京オリンピックで相当数必要とされボランティア人材の確保などクロ視点でのメリットが期待されています。

社会保障や年金の制度設計上、基本的には正社員で長く働くことが老後も踏まえた生活の安心・安定につながりやすい側面はあるかもしれませんが、AIの進化に伴う効率化、副業/複業の普及、など、いま起きている働き方改革の動きを通じて、残業規制のような勤務時間内の改革だけでなく休み方やプライベートの充実にもつながるといいですね。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-16

    将来日本の推計人口は?

    日本の総人口は減少を続け今から36年後の2053年には1億人を切り9,924万人水準まで減少します。…
  2. 2017-6-9

    メットライフ生命保険CEOサシン・N・シャーさん 成長加速

    「2016年度業績に満足している」と笑みを浮かべるのは、メットライフ生命保険CEOのサシン・N・シャ…
  3. 2017-8-17

    新トップに聞く 第一生命ホールディングス 稲垣精二氏54 「若年層向け商品 強化」

    ​国内市場の縮小には、10年かけて事業を多様化してきた。 超低金利での運用については、魅力的な案件…
  4. 2017-7-5

    明治安田生命、保険金未請求247件

    明治安田生命保険は4日、高齢の顧客約8万8000人の契約状況を調査し、本来は死亡保険金や入院給付金な…
  5. 2018-4-23

    生保協会会長に稲垣氏

    ​生命保険協会は20日の理事会で、橋本雅博会長(住友生命保険社長)の後任に第一生命保険の稲垣精二社長…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る