65歳以上3500万人突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総務省は13日、2017年10月1日現在の推計人口を公表した。

在日外国人を含む総人口は前年比22万7000人(0.18%)減の1億2670万6000人で、7年連続の減少。

65歳以上の高齢者人口の割合は27.7%と過去最高を更新し、初めて3500万人を突破した。

高齢化の進展が一段と鮮明となった。

65歳以上の高齢者は3515万2000人。

このうち75歳以上は1748万2000人とほぼ半分を占めた。

一方、0~14歳の年少人口は12.3%の1559万2000人となり、いずれも過去最低を記録した。

働き手となる15~64歳の「生産年齢人口」の割合は、ピークの1992年から10ポイント近く低下して60.0%となった。

50年の59.7%に次ぐ低水準で、労働力不足が深刻化している。

(毎日新聞 2018/04/14)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-17

    個人保険で増配方針(明治安田と富国)

    ​明治安田生命保険と富国生命保険が個人保険で契約者配当を増やす方針を固めた。 ​明治安田は2年ぶり…
  2. 2017-3-3

    ⑥傷病手当金

    傷病手当金について確認していきます。こちらは国民健康保険にはございません。 ではどのような制度でしょ…
  3. 2017-6-20

    郵政系2社の新規業務認可(個人融資や保険見直し)

    総務省と金融庁は19日、ゆうちょ銀行とかんぽ生命が申請していた新規業務を認可した。 ​ゆうちょ銀行…
  4. 2017-6-2

    ビッグデータ専門家を争奪

    大量の情報を収集・分析する「ビッグデータ」の活用が、保険業界に広がってきた。 ドライブレコーダーの…
  5. 2017-12-5

    来年4月、日本法人社名「アフラック」

    ​米保険大手のアメリカンファミリー生命保険(アフラック)は4日、来年4月に営業を始める日本法人の社名…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る