喫煙率横ばい18.3%、睡眠「十分でない」19.7% 厚労省調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16年国民健康・栄養調査によると、習慣的に喫煙している人の割合は18.3%。

過去最低の15年と比べ0.1ポイント増とほぼ横ばいだった。

男女別では、男性が30.2%(0.1ポイント増)、女性が8.2%(0.3ポイント増)。

男性の都道府県別では、群馬が37.3%と最も高く、滋賀が20.6%と最も低く、約16ポイントの地域差があった。

群馬に次いで高いのは福井36.6%、北海道35.9%。滋賀に次いで低いのは奈良22.0%、大分25.3%だった。

非喫煙者がたばこの煙を吸い込む受動喫煙を経験した場所は、飲食店が42.2%(0.8ポイント増)と最多で、遊技場34.4%、職場30.9%。

受動喫煙をめぐっては、現在の健康増進法では飲食店などでの防止対策は努力義務にとどまるが、東京都などが建物の中を原則禁煙とする条例制定を目指している

(日本経済新聞 2017/09/22)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-18

    インタビュー第一生命HD社長・稲垣精二氏「保険でQOL向上に貢献」

    第一生命ホールディングスは2020年度までにグループの当期利益を2500億円(17年度見通しは210…
  2. 2017-2-28

    4.営業セオリーの手順

    営業セオリーの手順は、以下の順番になります。 ①一般論により問題点を指摘する ②問題点を自分…
  3. 2018-3-2

    住生が代理店販売倍増

    住友生命保険は商品を拡充し、保険ショップや金融機関窓口など代理店を通じた保険販売を拡大する。 子会…
  4. 2017-9-28

    広がる「親介護保険」 別居も補償 離職の抑制期待

    親が要介護になった場合に補償金が支払われる「親介護保険」が広がり始めている。 介護に伴う経済的負担…
  5. 2018-12-7

    「節税保険」の見直し要求 金融庁、高い返戻金を問題視

    金融庁が生命保険業界に一部商品の設計の見直しを求めた 中小企業経営者向けの死亡定期保…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る