社会保障給付68兆円増 2040年度政府推計190兆円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

政府は21日の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、2040年度の社会保障給付費の推計を初めて公表した。

総額は190兆円に上り、今年度より68兆7000億円増える。

40年ごろには団塊ジュニア(1971~74年生まれ)が65歳以上となり、高齢者人口がピークとなる一方、現役世代が急減する。

政府は、この時期の給付と負担のバランスを示し、社会保障制度改革のための材料を提供したいと説明する。

社会保障給付費は国民が受ける社会保障サービスにかかる費用。

国内総生産(GDP)に占める割合は40年度に24%まで上昇する。

主な財源となる国と地方の税金は現在の47兆円から80兆円へと33兆円の負担増。

保険料負担は70兆円から107兆円になる。

政府は、団塊の世代(47~49年生まれ)がすべて75歳以上となる25年度に向け、消費税率を10%まで引き上げた上で低所得者対策などを強化する「税と社会保障一体改革」を進めており、従来推計は25年度までだった。

25年以降は、高齢者数の伸びは鈍化し、現役世代(20~64歳)の減少が著しくなる。

総人口に占める現役世代の割合は今年度の54.9%から25年度は54.2%と微減にとどまるが、40年度には49.9%と5ポイント低下する。

現役世代の急減へと、問題の局面が変化する。

(毎日新聞 2018/05/22)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-26

    明治安田、議決権行使結果を全面開示へ

    明治安田生命保険は2018年度から株主総会で投じた個別議案に対する賛否の結果について、全面的に開示す…
  2. 2017-3-10

    手間をかける

    紹介をたくさんもらえる人の特徴は、「彼は頼りになる」といった紹介をされる人です。 信頼されている…
  3. 2017-6-28

    第一生命グループ 外貨建て新商品 8月に投入

    第一生命グループが外貨建ての一時払い終身保険の新商品を8月に投入することが27日、分かった。 日銀…
  4. 2017-5-9

    超低金利時代に耐える商品を

    日本生命保険の筒井義信社長が8日、朝日新聞のインタビューに応じ、「超低金利時代にも耐えうる新しい保険…
  5. 2017-11-16

    ガンになった場合の2つ目のリスク「収入が減少するリスク」

    収入減のリスク 医療費が多額になると予想して、医療費については、医療保険に加入している方は多いので…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る