社会保障給付68兆円増 2040年度政府推計190兆円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

政府は21日の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、2040年度の社会保障給付費の推計を初めて公表した。

総額は190兆円に上り、今年度より68兆7000億円増える。

40年ごろには団塊ジュニア(1971~74年生まれ)が65歳以上となり、高齢者人口がピークとなる一方、現役世代が急減する。

政府は、この時期の給付と負担のバランスを示し、社会保障制度改革のための材料を提供したいと説明する。

社会保障給付費は国民が受ける社会保障サービスにかかる費用。

国内総生産(GDP)に占める割合は40年度に24%まで上昇する。

主な財源となる国と地方の税金は現在の47兆円から80兆円へと33兆円の負担増。

保険料負担は70兆円から107兆円になる。

政府は、団塊の世代(47~49年生まれ)がすべて75歳以上となる25年度に向け、消費税率を10%まで引き上げた上で低所得者対策などを強化する「税と社会保障一体改革」を進めており、従来推計は25年度までだった。

25年以降は、高齢者数の伸びは鈍化し、現役世代(20~64歳)の減少が著しくなる。

総人口に占める現役世代の割合は今年度の54.9%から25年度は54.2%と微減にとどまるが、40年度には49.9%と5ポイント低下する。

現役世代の急減へと、問題の局面が変化する。

(毎日新聞 2018/05/22)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-9

    メットライフ生命保険CEOサシン・N・シャーさん 成長加速

    「2016年度業績に満足している」と笑みを浮かべるのは、メットライフ生命保険CEOのサシン・N・シャ…
  2. 2017-6-27

    年代によって変わる女性の健康問題

    ⼥性の健康問題は年齢によっていろいろ起こってきます。 妊娠・出産 不妊症 卵巣がん …
  3. 2017-9-8

    第一生命 全社業務に仮想ロボット

    第一生命保険は7日、人手によるパソコン作業をコンピュータプログラムが代行するロボティックス・プロセス…
  4. 2017-2-27

    9.先に弱点を見せ、相手から大きな信頼を得る

    お客さまにおススメしたい自社商品があるとき、このような言い方で納得を得る方法があります。 「この医…
  5. 2017-3-6

    1.生命保険活用のメリット

    なぜ生命保険で相続(税)対策を活用するのか考えて見ましょう。 ■ 相続を抱える人の3つの悩み …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る