社会保障給付68兆円増 2040年度政府推計190兆円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

政府は21日の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、2040年度の社会保障給付費の推計を初めて公表した。

総額は190兆円に上り、今年度より68兆7000億円増える。

40年ごろには団塊ジュニア(1971~74年生まれ)が65歳以上となり、高齢者人口がピークとなる一方、現役世代が急減する。

政府は、この時期の給付と負担のバランスを示し、社会保障制度改革のための材料を提供したいと説明する。

社会保障給付費は国民が受ける社会保障サービスにかかる費用。

国内総生産(GDP)に占める割合は40年度に24%まで上昇する。

主な財源となる国と地方の税金は現在の47兆円から80兆円へと33兆円の負担増。

保険料負担は70兆円から107兆円になる。

政府は、団塊の世代(47~49年生まれ)がすべて75歳以上となる25年度に向け、消費税率を10%まで引き上げた上で低所得者対策などを強化する「税と社会保障一体改革」を進めており、従来推計は25年度までだった。

25年以降は、高齢者数の伸びは鈍化し、現役世代(20~64歳)の減少が著しくなる。

総人口に占める現役世代の割合は今年度の54.9%から25年度は54.2%と微減にとどまるが、40年度には49.9%と5ポイント低下する。

現役世代の急減へと、問題の局面が変化する。

(毎日新聞 2018/05/22)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-12

    朝日生命、「要支援2」から介護保険提供

    朝日生命保険は11日、公的介護保険制度における「要支援2」から保障を受けられる業界初の介護保険を開発…
  2. 2017-9-12

    貯蓄型保険の利回り低下

    異次元緩和で国債の利回りが低下し、債券市場が閑散とする中、影響は身近な金融商品にも出ている。​  …
  3. 2017-3-31

    持病があっても「共済」加入可能

    病気や死亡時の保障をする共済で、持病があっても健康な人と同様に加入できるタイプの商品が登場している。…
  4. 2017-2-27

    5.人に頼みごとをするときは理由をつける

    「人に頼みごとをするときは理由をつけると成功しやすい」ということがあります。 「高いものイコール良…
  5. 2017-9-5

    生活習慣病入院予測分析

    第一生命保険と日立製作所は「生活習慣病による入院の可能性とその日数を予測するモデル」を共同開発した。…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る