喜んでもらえる「みまもり」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

郵便局員が独居高齢者を毎月訪ねる「みまもり訪問サービス」を2017年10月に全2万直営局で始めた日本郵便。

事業を統括する谷垣邦夫副社長(58)に現況や今後の方針を聞いた。          

大要は次の通り。

一、利用者は3月末で約1万人。

現在は、利用者向け情報誌の発行や、離れて暮らす家族へ送るレポートに工夫を凝らすことなどを計画。親世代から離島を出た高校生の子どもを見守ってもらいたいというニーズもあり、様々な可能性を検討する。

一、地方公共団体との協業を進めている。

ふるさと納税の返礼に我々の”みまもり”を採用する地公体は4月末までに40団体を超えた。茨城県大子市のように行政の福祉事業を請け負う形でサービスを提供する地域も増えてきた。郵便局に体組成計を置くなど、住民の健康増進を支援する取り組みも複数の地公体と試行しており、将来的に”みまもり”と連動させたい。

一、試験段階では利用者へタブレット端末を配布していたが、訪問する局員がipadを携帯する形に落ち着いた。

デバイスには”はやり廃れ”があり、顧客の理解を得るのも難しい。今後も、真にニーズがあるか、郵便局が業務を確実にこなせる体制を構築できるか、一定の利益を確保できるか――などを踏まえ、拡充策を決める。

一、機械が異変を察知して警鐘を鳴らすサービスでメッセージを受け取ると心配になるかもしれないが、我々は高齢者の生活状況を直接確かめた局員が様子を伝える。

孤立する人が増えるなか、離れて暮らす人同士をつなぎ喜んでもらえるサービスに育てる。

(ニッキン  2018/05/11)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-21

    6.フット・イン・ザ・ドア・テクニックは生命保険販売においても有効か

    もともと生命保険商品は高額商品です。 一般的な商品の場合、最初から値段が高いと、なかなか最初の一歩…
  2. 2018-7-25

    生命保険協会会長・稲垣精二氏 ESG投融資の研究推進

    生命保険協会会長に第一生命保険の稲垣精二社長が就任した。 国内生保業界は低金利環境が長引き、稼ぎ頭…
  3. 2017-5-25

    がんにならない!ための予防法 6項目

    日本ではおよそ「2人に1人」ががんになると言われ「3人に1人」ががんで亡くなっています。 (がんの…
  4. 2018-1-4

    乗合代理店報酬にメス 過度なキャンペーン抑制

    生命保険業界で2018年から、保険ショップなど乗合代理店報酬を見直す動きが広がりそうだ。 生命保険…
  5. 2017-3-16

    イメージを変える

    「生命保険事業の姿を180度変える革新的なプロジェクトが始動した」 ・・・と語るのは、住友生命保険…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る