朝日信託、遺言自動作成システム 地銀向けに提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人信託専門の朝日信託(東京・千代田)は、遺言の文案を自動作成できるシステムを開発した。

10月から信託業務で取引のある地方銀行などに提供する。

営業担当者に相続法や税務の専門知識がなくても顧客に具体的な提案ができるようになり、遺言信託や生命保険などの契約が伸びるとみている。

不動産や預貯金といった財産の目録、それぞれの相続人の相続割合などをシステムに入力すると、遺言が作成される。

相続税の試算もできるため、顧客は節税のための生命保険、生前贈与などを検討できる。

遺言信託は遺言の作成から相続のときの遺産分割の実務までを総合的にになう業務。

地銀はこれまで朝日信託に顧客を紹介するだけだったが、自行で遺言の文案作成まで手がけることで手数料収入を増やせる。

朝日信託はグループの税理士法人と組んで遺言信託業務を展開。

提携先である地銀や信用金庫など約80の金融機関を通じて年間約1600件手がけている。

システム利用料金は、1行当たり初期費用が100万円、維持費用が年間10万円。すでに地銀数行が導入に向けて検討しているという。

(日本経済新聞 2018/09/07)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-28

    6.営業サイクルの本当の意味

    営業サイクルの流れ 1.見込客づくり 生命保険営業にとって最も重要。 2.アポイントメ…
  2. 2018-1-11

    2018成長への展望 機動的な新商品の供給体制を整える 日本生命保険社長 筒井義信さん

    ​三井生命との商品の相互供給は軌道に乗りつつある。 成果を見極めつつ、第2弾、第3弾へとつなげたい…
  3. 2017-5-8

    脱転勤へ地域社員の待遇改善 明治安田生命

    国内は少子化で労働人口が年々減少し、都市圏への人口集中と地方の過疎化が進む。 全国に拠点を置く企業…
  4. 2017-5-24

    勝者の選択 ニーズコンサルティングセールス

    生命保険販売を成功に導く「営業の王道」を3部作シリーズ 第1作 「生命保険販売の心理学」~人…
  5. 2017-3-6

    1.生前贈与の必要性

    相続税と贈与税について 財産を相続すると、その財産には相続税が課税されます。そのため、相続税の負担…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る