朝日信託、遺言自動作成システム 地銀向けに提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人信託専門の朝日信託(東京・千代田)は、遺言の文案を自動作成できるシステムを開発した。

10月から信託業務で取引のある地方銀行などに提供する。

営業担当者に相続法や税務の専門知識がなくても顧客に具体的な提案ができるようになり、遺言信託や生命保険などの契約が伸びるとみている。

不動産や預貯金といった財産の目録、それぞれの相続人の相続割合などをシステムに入力すると、遺言が作成される。

相続税の試算もできるため、顧客は節税のための生命保険、生前贈与などを検討できる。

遺言信託は遺言の作成から相続のときの遺産分割の実務までを総合的にになう業務。

地銀はこれまで朝日信託に顧客を紹介するだけだったが、自行で遺言の文案作成まで手がけることで手数料収入を増やせる。

朝日信託はグループの税理士法人と組んで遺言信託業務を展開。

提携先である地銀や信用金庫など約80の金融機関を通じて年間約1600件手がけている。

システム利用料金は、1行当たり初期費用が100万円、維持費用が年間10万円。すでに地銀数行が導入に向けて検討しているという。

(日本経済新聞 2018/09/07)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    2.人は得られる物よりも失う恐怖の方が大きい

    生命保険は万が一のリスクを保障でカバーします。 損失を回避するためにこれ以上の商品はありません。3…
  2. 2017-3-28

    生保、中小企業向け強化 成長市場 新商品投入

    生命保険各社が、中小企業向けの営業強化に乗り出している。 これまで大同生命やエヌエヌ生命が市場をリ…
  3. 2017-11-1

    逆風生保 「原点」の海外で攻める 第一生命ホールディングス社長 稲垣精二氏 54

    最年少社長・役員は先輩・・・気にしない 小中5年はロンドン 英国流のしつけ お金で買えない「…
  4. 2017-6-1

    アフラック メディカルノートに出資

    アメリカンファミリー生命保険は31日、医療従事者によるウェブメディアを運営するメディカルノートと資本…
  5. 2017-5-8

    かんぽ”標準”勝ち取る

    日本郵政グループのかんぽ生命保険が米IBMの認知型コンピュータシステム「ワトソン」の本格運用を開始し…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る