3.営業セオリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険営業では、上手にお客さまの問題点を指摘する方法として、営業セオリーが存在します。

生命保険営業では、見込客のニーズが顕在化していないため、その営業過程において、まずはニード喚起を行い、潜在しているニーズを顕在化する必要があります。

スポンサーリンク


見込客のニーズは、現状や将来への夢・希望、それを実現するための課題など多岐に渡ります。

しかしそういった課題が、自分にとって非常に重要なことなのに、しっかりと時間を取って、ニーズが明確になるまで考えたことはなかったという人が多いのです。

生命保険に加入していても、加入時に商品の説明は受けたが、自分と家族の将来への夢・希望、それを実現するための課題などについては、相談に乗ってくれたとはいいがたいというのが現実です。

あまり考えず、とりあえず加入したと答える方が多いのにはびっくりします。

あまり考えず、とりあえず加入したにも関わらず、見込み客の心情は、一方的に現状の課題を指摘されたり、いきなり生命保険の商品説明をされたら、非常に不愉快になるものです。

そのため、生命保険の営業を成功に結びつけるために営業セオリーがあるのです。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-11

    住生、初の外貨建て保険

    住友生命保険は10日、同社初となる外貨建て保険を17日から販売すると発表した。 ​ 保険料を一括…
  2. 2017-6-2

    ひまわり生命 全社員対象に郊外療養を導入

    ​損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が、今年度から全社員を対象に郊外で療養する「クアオルト」を導入…
  3. 2017-2-27

    1.人は希少性のあるものに価値を見出す

    金(ゴールド)が高いのは、その数自体が少ないためです。 鉄は数が多いため、格段に安い値段となります…
  4. 2017-5-15

    かんぽ生命社長に植平氏

    かんぽ生命保険は石井雅実社長が退任し、後任に植平光彦専務執行役が昇格する人事を固めた。 ​ 植平氏…
  5. 2017-2-21

    1.生命保険営業で心理学を学ぶことが効果的な理由

    生命保険営業では、常にお客さまを相手にします。 1対1の関係でお話を進めていくわけです。相手がご夫…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る