空中給油

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに・・・「空中給油」の話

沖縄のオスプレイの話ではありません。

私は、生命保険業に携わって40数年を経過しています。いまだに現役です。かつて日本の伝統的な生命保険会社に直販部隊の単独の営業マンとして入社し、営業部・支社・本社営業部門と経験し、今は別の生命保険会社で、代理店営業部門の教育推進の仕事をしています。

スポンサーリンク


役職や立場はいろいろ経験しましたが、現場営業の最前線で仕事を続けています。現場とは結局お客さまと1対1の勝負の場です。自分の仕事にかける思いを伝え、いかに一生涯お客さまと真正面から付き合っていけるかを問われる場所なのです。

生命保険は、本当に良い商品だと思っています。

長く生命保険という商品を売り続けて、お客さまに感謝されたことはたくさんあります。生命保険は加入したからといって何の効果もありません。保険金という形で受け取って始めて役目を果たすものです。

感謝はお客さまの家族の悲しみの中にあったりもします。それでも長いお付き合いの中で、ほとんどのお客さまに感謝されます。特に満期保険金をお渡しした時などは、こちらも幸せな気持ちになります。

「成績上げないと墜落するよ」

入社して4年後、初めて営業所長として組織を任されたとき、ある先輩からこういわれました。

「お前は直販の営業職上がりだから使い捨てにされても文句は言えない。替わりはナンボでもいるから、交替の労力かけるより少しはましかと思ってもらえないと、すぐに墜落さ。」

「え」

「言われた数字は達成するしかないってことだよ。」

「は」

「達成している間は、燃料入れてくれるよ。空中給油みたいなもんさ。」

つまり私には、本社採用の総合職のように、基地とか空港とか羽根を休める場所がなく、常に営業現場の先端で、数字を達成するためだけに飛び回っていないと生き残れないという、強烈な指導でした。

スポンサーリンク


その言葉に恐れおののき、真に受けた私は、時代も良かったせいか、その後決して目標数字をやり遂げられないことがなかったのです。

組織長としては、全国に11ランク1200あった営業所の、最低ランクからスタートして、21年7場所で全国トップの位置まで上り詰めました。私だけの力ではありません。ただ私の頭の中にはいつでも「空中給油してもらわないと墜落する」という意識がありました。

それは支社を預かる身になっても同じでした。マーケット開拓と営業職員採用に必死になり、そこからどんどん大きな数字をひねり出しました。

「マーケットの要求する商品を、お客さま想いの優秀な営業マンが提供する。」

これが成果を最大限に挙げるための最高の手段です。そしてリーダーが(単独であれば本人が)「空中給油マインド」を持っていれば、目標達成に困ることなどないと確信しています。

これから記事としてお伝えしていくことは、私の40年にわたる実戦(実践)経験と、常に最新の情報で研究し続けた営業セオリーと、購買者心理や行動心理学などから得た知識を交えて書いています。

今すぐ実践に使える情報として、生命保険販売に携わるすべての「成功したい営業マン」にささげます。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-24

    太陽生命 契約者訪問活動1年で2万件超

    太陽生命保険が展開する契約者への訪問活動「かけつけ隊」の利用件数が2016年4月の開始から約1年間で…
  2. 2018-9-20

    地銀経営は360度で点検 金融庁、ガバナンス浸透把握

    金融庁の遠藤俊英長官は日本経済新聞のインタビューで、金融機関のガバナンス(統治)体制の検証に一段と踏…
  3. 2018-3-6

    あんしん生命の商品開発力

    生損保一体化 調査研究に強み 一般的な生保は営業職員や保険ショップ、銀行を通じて保険を販売するが、…
  4. 2017-6-29

    シンガポールで保険販売(ソニー生命 共同出資でショップ)

    ソニー生命は2018年夏にも、シンガポールで様々な保険会社の商品を販売する保険ショップ事業を始める。…
  5. 2017-12-1

    RPA・AIで「働き方改革」

    ​データ取得や入力、確認などの作業を人間の代わりに行う、ロボティック・プロセス・オートメーション(R…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,663人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,663人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る