5.自分と未来は変えられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で変えられるもの・・・思考・行動・未来

自分で変えられないもの・・・感情・他人・過去

アメリカの精神科医エリック・バーンは、「他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる。」という有名な言葉を残しました。

スポンサーリンク


私たちは、ついつい失敗したりうまくいかないことがあると、他人のせいにしたがります。「上司の指導が間違っている」「客が偏屈だ」などといって、成果が出ないことに対する自己防衛を図り、素直に反省しないものです。

「景気が悪い」「商品が悪い」「客が悪い」とさえいっておけば、自分は責められないとでも思っているのでしょうか。

「変えられないもの」を変えようとすると、自己評価がどんどん下がっていきます。そして自信が失われ、仕事のやる気がなくなってしまいます。

だから私たちは、「変えられるもの」に集中してエネルギーを注ぐべきです。そうすれば、自己評価がどんどん上がり、やる気も元気も泉のごとくわいて出てくるのです。

「生命保険営業は断られることから始まる」と先に書きましたが、ニーズが顕在化していない商品であるという理由から、会ったとたんに断られることがあるくらい、断りが当たり前の商品なのです。

そんなことにめげていては、商売は始まらないのです。自分で変えられるものだけに目を向けましょう。

自分で変えられるものは、「思考・行動・未来」です。

変えられるものとしっかり向き合うためには、自分自身とのコミュニケーションをとることがとても大切です。自分には考え方のクセがあるかもしれません。そこをコントロールして、他人や商品や景気のせいにするようなことをやめてみるのです。

スポンサーリンク


すべて自分で変えられるものに変換して、起きた出来事や結果を分析することで、言い訳をしない体質や行動パターンに変えることができるのです。

もう一度思い出してみましょう。あなたは何のために生命保険の営業をしているのですか。

もし、あなたに、

「生命保険という商品を通じてお客さまの人生設計をサポートしたい」

「お客さまの夢や希望の実現のためにリスクマネージメントのお手伝いをしたい」

などという強い「何のために」があったとしたら、生命保険という商品を販売しない限り、あなたの想いは伝わらなかったということになります。

あなたの想いが真剣なものであればあるほど、あなたがお話しする「人生サポート」や「リスクマネージメント」の内容が、相手に伝わらなかったとしたら、やはりあなたの伝え方が悪かったということなのです。

想いをしっかり伝えられる方法を考えなければなりません。

その結果、あなたの見込客に対する自分自身の考え方や言葉が変わっていったとしたら、見込客の反応にも変化が起きてくるものなのです。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-23

    4.老後の資金構築と生命保険トーク例

    「老後の資金」トーク例 実は、「保険でできること」のうち、一番効果が高いとまで言われているのが「老…
  2. 2017-3-1

    5.事業承継期

    企業の事業承継について現状をみると、社長の平均年齢は58.9歳と年々上昇し、60歳に近づいてきていま…
  3. 2017-12-4

    日生 海外幹部3倍計画

    ​日本生命保険は、海外グループ会社の経営を担える人材の育成を強化する。 2030年までに現地ビジネ…
  4. 2017-2-21

    3.生命保険販売で社会的証明の原理を利用してみる

    社会的証明のもっとも使いやすい例が、「お客さまの声」です。 人は商品を販売している会社側の人間の言…
  5. 2018-8-7

    増大し続ける介護費用

    介護給付費と介護保険料 ★介護給付費  00年度3.6兆円→15年度9.8兆円 ★65歳以上の…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る