6.バーナム効果を利用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にでも当てはまる曖昧な質問を投げかけたとします。

するとその質問が自分に投げかけられた質問であるかのように思ってしまうことがあります。
これを、バーナム効果といいます。

スポンサーリンク


例えば、

「今の状態では、将来の老後生活が不安なあなたへ」

などというと、この「今の状態では」という部分がバーナム効果になり、ああ、自分のことをいっていると思ってしまいます。

「今の状態」は、当然人によって違います。

サラリーマンか自営業者か、若者か高齢者か、男女差や貯蓄額の差なども違うはずです。

それなのに、あいまいな表現の中では、自分のこととして受け止めてしまうことが多いのです。

血液型占いなどは典型です。

「A型」はこれこれの性格と、誰にでも当てはまるようなあいまいな表現で言われれば、自分が「A型」であれば、なるほどとうなずいてしまうものです。

ちなみに 「A型の性格」と検索してみましょう。

周囲との和を大切にする慎重派タイプ⇒組織に属する、学生や社会人なら誰でもそうあるように教えられている

長所 責任感が強く、自分が一度やると決めたことは、少々の困難があっても粘り強くやるとげる。⇒やると決めるか決めないかが問題なのに

多少時間はかかるが、慎重に目標に向かって確実に歩み寄る。⇒目標の達成には言及していない

時間には几帳面で、約束事もキチンと守る。⇒人によってレベル間は違う

スポンサーリンク


短所 慎重になりすぎて必要以上に用心深くなり、あれこれ悪いことばかり考えてしまうクセがある。⇒人間本来の危機管理能力

周囲との和を保とうとし、そのためまわりに細かく気を使いすぎる部分がある。⇒長所ともいえるはず

自分に対するまわりの評判をいつまでも気にしている。⇒みんな評判は気にする。いつまでもは、1時間か1週間か1ヶ月か。

このようにどのようにでも考えられ、当っているともいえるが、突っ込みどころもいっぱいあるのに、なんとなく当っていると思ってしまうのは、バーナム効果で成り立っているからというわけです。

私たちの仕事でもバーナム効果を利用することができます。

漠然としたあいまいな表現で、お客さまをその属性に取り込んでしまうことは簡単なことです。

「将来の老後生活に不安」

「大病を患ったときの生活保障に不安」

「もし万が一のことが起きたときの家族の生活が不安」

そのような人は、ほぼ全員なので、その表現に当てはまる属性の人も全員なのです。

だから「将来の老後生活に不安」なあなたのために開発した新商品ですという説明で、自分のことだと思ってくれるわけです。

続けて「そんな不安を持っている皆さんが、早いうちから生命保険を活用した貯蓄を始められています」と言うと、

自分もその「皆さん」の中に入らなければ大変なことになってしまうと感じてくれるのです。

社会性の原理も応用されていますよね。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-16

    ガンになった場合の2つ目のリスク「収入が減少するリスク」

    収入減のリスク 医療費が多額になると予想して、医療費については、医療保険に加入している方は多いので…
  2. 2017-5-1

    なるほどマネー 退職金運用の前に 長寿に有利「トンチン年金」

    ​老後のリスクについてのポイント ・長生きは、必要なお金が多いという面ではリスクも ・個人年…
  3. 2017-11-28

    保険はあくまでパーツ

    保険はあくまでパーツ、お客様が真に求めているのは安心です。 ・ライフプランニングは重要だと思うがや…
  4. 2017-5-2

    高齢者・働く女性向け活力

    明治安田生命保険の根岸秋男社長が1日、朝日新聞のインタビューに応じ、高齢者と働く女性向けの商品開発に…
  5. 2017-3-3

    2.生活水準保障についての考え方

    人生には、第3のリスクがあります。 死亡、長生き、そして、それは「収入減のリスク」、働けなくなった…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る